« マッサン 余市ロケ動画UP | トップページ | ルパン三世 予告編 »

軍師官兵衛 第25回 栄華の極み

別所一族の三木城が開城、その後鳥取城も落城して播磨一国は織田の勢力圏に入りました。
鳥取開城は悲惨な話ですが、城将として送りこまれた吉川経家の話など作り方によってはかなりドラマティックになったと思うのですが一言触れただけでした。

かわりに官兵衛の有岡での幽閉生活と言う前半での山場が過ぎて、大名になった黒田家の祝いの様子や光の懐妊のお話など此方は相変わらずのホームドラマに戻ってしまったようです。
折角の戦国のお話なのに何か視点がずれてないかしらと思うのは私だけなのかな。

今回のメインはタイトルにあるように織田信長なんでしょうね。
播磨、丹波(こちらも話だけでしたが)の戦闘も勝利した信長は安土城をライトアップして皆をあっと言わせます。
宣教師から献上された黒人の話から日本から世界へ目を向ける信長の様子が。この黒人を見た時肌の黒さが生まれつきかどうか確かめる為目の前で洗わせた話は彼の猜疑心の深さを表わす為良いエピと思うのですがこれも無しでした。

一方官位を受けない信長の扱いに困った朝廷は光秀に取り持つように使いを送ります。
しかし信長は取り合いません。
この話は光秀の謀反は朝廷とのつながりからと言う説から採ったのでしょうか。

お決まりの何処へでも現れる主人公はここでもで、官兵衛が光秀の許を訪れ5万石で仕官を勧誘される事になっていました。
又村重の長男の妻だった光秀の娘を登場させ信長の仕打ちの恐ろしさを語らせたり、栄華の絶頂にいる信長の本能寺への悲劇への流れになるのでしょうか。

そうそう宇喜多直家が病死しました。
次の覇者は秀吉と見込んだ直家は嫡男秀家と正室を彼に託します。
女に目のない秀吉とおねのドタバタ喜劇が少しだけ・・・

黒田家では松寿丸が元服、長政となりました。
桃李君の本格的登場は次週からでした。

余計なお話
独眼竜政宗の8回に大河ドラマに登場した信長を演じた俳優の様子が紹介されていました。
高橋幸治さんが2回、、役所広司さん・・・なぜかお二人もこうじさん・・高橋英樹さん、藤岡弘さん

ですがそれぞれ信長のイメージにぴったりでやはり江口洋介さんはミスキャストだと思う・・

なお今の片岡仁左衛門・・・当時孝夫さんが「太閤記」高橋幸治さんの信長の時、森蘭丸で出ていました。美しい!
独眼竜政宗には奥田英二さんが24才の石田三成で出演、若い!

« マッサン 余市ロケ動画UP | トップページ | ルパン三世 予告編 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 第25回 栄華の極み:

« マッサン 余市ロケ動画UP | トップページ | ルパン三世 予告編 »