« NHK札幌のマッサンHP | トップページ | マッサン公式HP »

軍師官兵衛 第30回 中国大返し

毛利と和議を結んだ秀吉は光秀を討つ為急ぎに急いで京へ戻ります。


備中から姫路まで80kmを一日で駆け抜けると言う驚異的なスピードで。
秀吉は兵の士気を高める為ありったけの金や米を兵に分け与えます。
負けてしまえば持っていても仕方がないから、と。
これ流石に官兵衛の発案になっていませんでしたね^^

姫路城で情勢をうかがっている大名達への秀吉の工作や、摂津の大名達への説得などと共に始めて次男と会う官兵衛や蜂須賀の娘と長政の出会いなどこの回でなくても・・・と言うシーンも。

光秀の方は思うように味方が集まらない。
秀吉は信長の三男信孝を味方につけ、いよいよ決戦!と思ったら山崎の合戦は何と無し・・・
敗走する光秀は山中で背後から竹槍で刺されてあっけなく死亡。
竹薮で土民に刺されて死んだ説からでしょうがこれってそのあたりを知らない人にはあんまりな省略じゃないかしらね。
少し期待したのに合戦シーンとみんな知ってると思われる事は思いっきり省略の中国大返しの回でした。

毎回思ってる事ですがたたみ掛けるような迫力が無いんですよね。テンポが悪いと言うか。
ホームドラマ的な要素が多すぎるのかしら。

官兵衛は普通に話している時はそうでもないんですが声を張ったり一寸長いセリフになると妙な抑揚がつきますね。
でも誰も気にしないようだから私だけが気になってるのかな。

« NHK札幌のマッサンHP | トップページ | マッサン公式HP »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 第30回 中国大返し:

« NHK札幌のマッサンHP | トップページ | マッサン公式HP »