« ルパン三世番宣&花子とアン | トップページ | ルパン三世 お宝写真 »

軍師官兵衛 第28回 本能寺の変

中盤の見せ場本能寺の変です。
知人にも普段このドラマを見ていないのに本能寺だから見ると言った人が何人もいました。
視聴率も良かったのでは・・

信長がどんな状態で亡くなったのか色々な記録も皆伝聞に基づいたものですから此処は作家の腕の振るい所ですね。
帰蝶さんも亡くなった時の記録がないのでこれも同じく。
数百年前の出来事ですから目撃者もいないし、不快に思う近親者ももういないし^^

夫妻で最後まで奮戦する描写でした。
江口信長は以前の「敦盛」の舞が不評だったせいか舞わずにセリフで言うだけ。
最後は立ったまま頚動脈を斬って死ぬと言う華々しい最後でした。
一方備中に布陣中の秀吉の許に信長の側近長谷川宗仁から信長の死の密書が届きます。この知らせは光秀が毛利方へ送った使者が捕えられて分かったと言う説もありますけれど。
使者に会った官兵衛から知らされた秀吉は呆然自失、官兵衛の有名なセリフ「ご運の開けさせ給う時が云々」で正気付きます。
官兵衛が主役ですから仕方がないのかも知れませんがこの書き方一寸天才秀吉に失礼じゃないかしらん、と思ったのは私だけ・・・
岡田君はこのセリフが言いたくてこの役を引き受けたそうだからさぞ力が入った事でしょう。
使者の役が須賀貴匡さんだったのには吃驚、私この方好きなんですよ、もっと良い役で使っ
て上げて!
秀吉方が安国寺恵瓊を呼んで信長の死を告げる所で次週へ。
最近では毛利方へは隠し通した説が有力らしいですがこれもどうだったのでしょう。
恵瓊のその後の豊臣方への接近を見ればこちらが自然なのかな・・・
本筋以外に官兵衛の旧主小寺政職のその後が書かれています。
高松城下で暮らしていた政職は重病で偶然発見した官兵衛に看取られて亡くなります。
かっての所業を詫び息子の行く末を官兵衛に託して。
この話、此処でしなくても良いような気がしますが、播磨の黒田から中央で名を上げて行く官兵衛のTurning Pointとしたくての事でしょうか。
今回、面白かったと見る人とそうでなかった人と分かれそうな気がします。
次週は中国大返し、どんな風に書かれるでしょうか。

« ルパン三世番宣&花子とアン | トップページ | ルパン三世 お宝写真 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 第28回 本能寺の変:

« ルパン三世番宣&花子とアン | トップページ | ルパン三世 お宝写真 »