« 軍師官兵衛 第27回 高松城水攻め | トップページ | 軍師官兵衛 第28回 本能寺の変 »

ルパン三世番宣&花子とアン

公公開が近づいてあの手この手で興味を惹こうとweb上でも宣伝が多くなってます。
次元は中々格好良い映像が多くて、期待したい所ですが。

映画の出来はどうでしょう。
どうぞ面白く仕上がっていますように!

W5a_2   W7a_2

W6a_2

花子とアン

今年後半の「マッサン」も待ち遠しいですが、今放送中の「花子とアン」もいつの間にか折り返しをすぎで後半に入っています。

朝のこの連ドラは毎回殆ど見ています。ご他聞に洩れず時計替わりと言った面もありますけれど。当然面白い作もあれば駄作もありで・・・

花子とアンも前半女学校時代まではとても面白かったですね。
毎朝時計替わりどころかかなり熱心に見ていました。

それが甲府へ帰って創作部分である小学校の教師になってから脚本家が交代したのかと思うほどつまらなくなりました。
早く上京してからの話になって欲しいと思って見ていましたが、東京に舞台が移ってから更に面白くなくなってしまいました。
花子のcharacterがぶれすぎです。
少女時代はあれほど努力家だったのに仕事についてから努力している様子が見られません。周囲に助けられてなにもかもとんとん拍子。

大体仕事に対して無責任、周囲の空気に鈍感、良い年して自分の酒量にも自覚が無い。
作家はこういった女が可愛いと思っているんでしょうか。

お相手の英治も優柔不断で自分勝手にしか見えません。

ヒロインを可愛く綺麗に書きたい為でしょうが不倫の書き方が不自然で都合が良すぎます。いくら事実とドラマとは違うと言っても実名で作っているのがから傷つく人もあるでしょうに。

もう一人のヒロイン蓮子さんの方もこの所好意的に見られなくなってしまってます。
お金の為意に染まぬ結婚をしたのはわかりますが、事実はさておきこのドラマ上では夫の伝助は彼なりに蓮子を大事しているように見えます。

若い妻の言いなりに室内楽団の演奏会を自宅で開いたり、歌集を夢二の装丁で出版させたり。

無教養で粗野な成り上がり者の伝助に満たされない思いがあるので知性があり先鋭的な思想の若い宮崎に惹かれるようになるようにしたかったのでしょうがその部分が説明不足で唐突に思えます。

これはcastのせいもあるでしょうか。伝助役の吉田鋼太郎さんがとても素敵なのに宮崎役の人はいかにも未熟で魅力が感じられない・・・これは私の感想です、お好きな方ごめんなさい。

次回から持直して面白くなって欲しいものです。
でないと後番組のマッサンにも影響しそうで・・・これが本音です^^

しかし半年、一年の長帳場を調子を落とさず面白く見せるのは難しい事なんですねえ。
「おひさま」も前半と後半では別人が書いているのか、と思うほど面白くなくなってしまったし、今更ですが「八重の桜」は結局一年かけて何言いたかったのかと思うような出来でした。

« 軍師官兵衛 第27回 高松城水攻め | トップページ | 軍師官兵衛 第28回 本能寺の変 »

映画」カテゴリの記事

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 軍師官兵衛 第27回 高松城水攻め | トップページ | 軍師官兵衛 第28回 本能寺の変 »