« ルパン三世 お宝写真 | トップページ | NHK札幌のマッサンHP »

軍師官兵衛 第29回 天下の秘策

信長の死を知った秀吉は京へ戻って明智光秀を討つ!
その為には対峙している毛利と一刻も早く和睦をしなければならない・・・
そのいきさつが今回のメインです。

中国大返しがメインと思っていたら和睦交渉がなるまでにかなり時間をかけて中国大返しは来週でした。
官兵衛は夜中に安国寺恵瓊を訪ねて和睦を切り出します。
急な事に不審を持つ恵瓊に官兵衛は信長の死を告げてしまいます。
以前恵瓊が羽柴と毛利が手を組めば天下も夢ではないと言った言葉を出してまあ恵瓊をそそのかすんですね・・・

その賭けの乗った、と恵瓊。二人で天下を動かすと笑い会う二人でした。
恵瓊は小早川隆景にも真実を告げず和睦を説き、清水宗治の切腹と5カ国の本領安堵で和睦を取り結びます。
船上の切腹・・・有名な場面でさすがお見事でした。
この場面中々良かったですけれど・・・
信長の死を恵瓊が知ってしまったのに切腹させる必要があったのかななどと考えてしまいました。

和睦が成って官兵衛は人質交換に隆景の陣へ行き信長の死を知ってしまった隆景に詰られますが、天下太平のため、だとか宗治の死を無駄にするのかなどと言い、何故か隆景が納得してしまうんですね。
いくら本国だけを守れと言う元就の遺言があるにしても一寸舌足らずですよ。

そして毛利の旗を借りて帰る・・・この話はどこかで読んだ事があります。
秀吉の明智戦に毛利も参戦した事になったと言う話でした。

今回その他に親交のある細川家を例に思うように味方が集まらない明智勢、そして光秀自身による朝廷工作などがほんの少し。
光秀の事はもう少し書いた方が良いんじゃない?

黒田の留守部隊の事や長浜の事など要らないから。
家康の伊賀越えの様子がほんの一寸、しかしやはり老け過ぎでしょう。まだ30才半ばの家康なのに。
流石に江さんはいなかったけれど^^

次回が中国大返しなんですね。
信長の死を知ってから京へ軍を進めるまでの切迫した様子、緊迫感が全く感じられなくて私には不満でした・・・

官兵衛が主人公ですから彼中心に話が進むのは仕方がないとしても、いくつかの場面でどうしてもそんなはずないだろうと思ってしまう・・・

« ルパン三世 お宝写真 | トップページ | NHK札幌のマッサンHP »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 第29回 天下の秘策:

« ルパン三世 お宝写真 | トップページ | NHK札幌のマッサンHP »