« ルパン三世ワールドプレミア | トップページ | ルパン三世 雑誌など »

軍師官兵衛 第32回 さらば父よ

天下を取った秀吉に徳川家康は服従しません。
家康と信長の次男信雄との連合軍と秀吉軍との間に合戦が起こります。

いわゆる小牧長久手の戦いですが、秀吉軍の敗戦に終わります。
官兵衛は毛利家との戦後の後始末で備中にいてこの合戦には秀吉の傍にはいません。
徳川と事を構える事に終始反対します。その前に四国の長曾我部を討つように進言。
あっと言う間に四国は秀吉の手に落ちます。

秀吉は内大臣から関白へと出世の階段を駆け上がり、茶々の歓心を買うことに夢中です。
そして力をつけて来た石田三成が常に秀吉の傍らに・・・
荒木村重道薫と改名秀吉のお伽衆になります。

播磨の山崎に領地を貰った官兵衛は長政に新領地を任せますが張り切りすぎた?長政はうまく収められません。
心配した太兵衛達は職隆を頼り、職隆の話から長政は過ちに気づくエピが。

職隆は孫を見守りながら眠るように息を引き取ります。
柴田さん退場で谷原さんに続いて又お楽しみが減ってしまいました。

今回も小牧長久手、四国攻めと合戦シーンは一切ありませんでした。
長政の妻糸と光のシーンなどはあるのに。
どうしてもホームドラマ路線にしたいんですね、折角戦国時代を取り上げているのに。

それと官兵衛が主人公ですからやむを得ませんが官兵衛を持ち上げる余り秀吉が小さく見えちゃっているのも不満ですね。
今ひとつこのドラマに乗れない一因かも知れません。

« ルパン三世ワールドプレミア | トップページ | ルパン三世 雑誌など »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ルパン三世ワールドプレミア | トップページ | ルパン三世 雑誌など »