« 花子とアン・・・朝の連ドラ | トップページ | ルパン三世 雑誌など2 »

軍師官兵衛 第34回 九州出陣

島津に押されている豊後の大友宗麟に出陣を請われた秀吉は官兵衛に毛利と共に宗麟の救援を命じます。

しかし四国へ向かうはずの蜂須賀小六が亡くなり、計画は建て直す事に。

小六の死に悲嘆に暮れる秀吉。そして官兵衛も・・・

一方九州攻めに際し徳川の脅威を無くしておきたい秀吉は合戦を避け妹を家康に縁付ます。
しかしそれでも上洛しない家康に秀吉は高齢の母まで人質として徳川に送り込みます。
流石に家康もとうとう上洛、秀吉に初めて臣下の礼をとるのでした。
この話はあっさりと説明だけ、大政所も旭も登場しません。
黒田家以外はとっても簡単に進みます。


毛利は吉川元春は病気を理由に出陣に応ぜず出兵出来ない官兵衛です。
元春の説得に出向いた官兵衛は、命の使い方を考えるように、そしてその命を自分にくれと言います。
元春は説得に応じ、官兵衛と毛利の軍はやっと九州に出陣しました。
しかし豊前小倉城で元春は亡くなります。

九州の戦は優勢に立っているようです。

今回の大まかな流れはこんなところでしょうか。
しかしこのドラマ、光と糸がおねに会う話など余計な描写は多いのに、見たいと思う合戦シーンなどは一切省略なんですね。


紀行で語られた、沼や水田に囲まれた宇留津城を攻めあぐんでいた時、犬が浅瀬を渡るのを見て官兵衛は攻め口を見つけ落城させた、と言う話など何故ドラマの中でやらないのでしょう。

大体官兵衛が働いている描写って余り無いですね。
秀吉を始めとして周りが凄い凄いと言うでけで。
朝の連ドラの花子と良く似ています。

ドラマの評判は良いらしいけれど私には不満が結構あって、中々楽しむ所まで行きません。
合戦シーンの省略もそうですし、出演者の事は言いたくありませんが茶々にはもっと美人を使って貰いたかったですし。お市の方もそうです。
期待している所をはずされるとがっかりします。








« 花子とアン・・・朝の連ドラ | トップページ | ルパン三世 雑誌など2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 第34回 九州出陣:

« 花子とアン・・・朝の連ドラ | トップページ | ルパン三世 雑誌など2 »