« マッサン公式HP | トップページ | ルパン三世ワールドプレミア »

 軍師官兵衛 第31回 天下人への道

前回山崎の合戦から光秀の死までがあっという間に終わったと思ったら今回の展開もあれよあれよの超高速運転でした。

信長の跡目を決める重臣たちの清洲会議で次男信雄、三男信孝を推す勝家らに対し信忠の子三法師を推す秀吉が勝利。

対抗する為勝家はお市と結婚。
秀吉は単独で信長の葬儀を京で執り行う。

勝家と秀吉の間で決戦になり秀吉は賤ケ岳の合戦に勝利、勝家はお市とともに自害して果て
秀吉の天下は決決定です。
浅井三姉妹の秀吉との対面なども。
ここまであらすじだけの展開でした。

その合間に・・・千利休登場。
利休の弟子となって道糞と名乗っている荒木村重と官兵衛との出会い。

姫路城へ移った秀吉の許で長政と蜂須加小六の娘糸姫の婚約と言うホームドラマも。

普通は官兵衛はこのあたりは全く出て来ないのですが裏工作をしている様子が書かれてますね。

最後に秀吉が官兵衛にこう言います。
「天下の行方は決まった。すべてそなたの言うとおりになった。恐ろしい男よ、そなただけは敵に回したくない」
なんだかとても違和感がありました。
英雄秀吉が一番輝いていた時期です。
いくら官兵衛が主役でも一寸・・・と思ったこの回でした。

« マッサン公式HP | トップページ | ルパン三世ワールドプレミア »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  軍師官兵衛 第31回 天下人への道:

« マッサン公式HP | トップページ | ルパン三世ワールドプレミア »