« マッサン放送まであと10日 | トップページ | 琥珀色の夢を見る~マッサン »

軍師官兵衛 第38回 

追い込まれる軍師

前回中津の前領主宇都宮鎮房を長政がいわばだまし討ちにした後始末の様子が前半です。
肥前に出張中の官兵衛は鎮房を討った事を聞き陣中に伴っていた嫡男の朝房を殺します。
一方中津城では押し込められていた鶴姫を光が逃がします。
この鶴姫に関しては一族の者と共に磔にされて殺されたと言う説が有名ですが生存説、又は彼女の存在自体を疑う説なと諸説あるようです。

天下人となった秀吉の変貌ぶりも色々と・・
茶々にうつつを抜かす浅ましさとか
しかし茶々に淀城を与えたのは懐妊したからではなかったかしら。

一揆を抑えられなかった佐々成政は切腹させられ肥後は二つに分けて加藤清正と小西行長に与えられます。
豊前の黒田と合わせて明へ討ち入る計画を秀吉は明らかにします。
利休の茶室で明への討ち入りに反対する官兵衛ですが秀吉は耳を貸しません。
そしてとりなす利休に激怒します。利休と秀吉の間が軋んできた様子が・・・黒楽茶碗で利休の将来が暗示されま下。

官兵衛に関して重大な事が持ち上がります。
徳川家康が秀吉の母大政所の病気見舞いに正室朝日姫に付き添って上洛してきます。
会ってみたい男がいる、と利休の茶室で官兵衛に会いお主のような軍師が欲しいと言う家康です。
でもこのドラマ官兵衛の軍師としての働きを少しも書いてくれていないと思いますね。
周りが凄い凄いというだけで具体的な成果を見せて貰っていないような。

そして重大な話を家康から聞かされれます。
有名な秀吉が自分が死んだら天下は誰が取るかと周囲に尋ねた話です。
徳川だ前田、いや毛利だと名前を挙げる中秀吉は官兵衛を名指ししたのでした。
この話何に出ていたのでしたっけ。
秀吉の猜疑心を知った官兵衛は長政に家督を譲って隠居を願い出る事としますがこれは次の回ですか。

秀吉の寵をほしいままにしている石田三成に対する長政、清正などの対抗心も一寸。
三成の優秀な官僚としての面が全く書かれず型通りの悪役にしてしまっていますがこれもこのドラマの底の浅さをみるようで面白くありませんね。

この回、正直私は好きではありません。
脚本、演出、そして秀吉の余りに大袈裟な演技も、茶々の書き方も。
茶々はもっと美しくて品の良い女優を使って欲しかったですね。
あんな品のない茶々は嫌いです。

« マッサン放送まであと10日 | トップページ | 琥珀色の夢を見る~マッサン »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マッサン放送まであと10日 | トップページ | 琥珀色の夢を見る~マッサン »