« 軍師官兵衛 第38回  | トップページ | 軍師官兵衛 第39回 跡を継ぐ者 »

琥珀色の夢を見る~マッサン

もうすぐ始まる朝の連ドラ「マッサン」のモデルとなった竹鶴政孝さんとリタ夫人の半生を追った本を何冊か読みました。
その1冊のタイトルです。
素敵な題名ですね。著者は松尾秀助氏。ナンバーを創刊、編集長をされていた方です。
もう1冊
川又一英氏著「ヒゲのウヰスキー誕生す」
いつの日か日本で本物のウィスキーを作る・・・大正7年・・・約100年前ですね。

24歳で単身スコットランドに渡った政孝さん、生涯その夢を追い続けた彼とその彼を愛して見知らぬ国に渡り、支え続けたリタさんの半生がどちらも豊富な資料を元に書かれています。
どちらの本も著者がご夫妻の魅力に惹かれこの本を書かれたのが良くわかる素敵な本でした。

夢を見るのは誰にでも出来ます。
しかしどんな困難にも負けず決して諦めないで夢を追い続けそして実現させたお二人の生き方は素晴らしいです。
ドラマになってどうなるか、あくまでモデルであって創作ですから一寸心配もあったのですが先日放送された「50ボイス」での脚本の羽原さんの発言で安心しました。
「想像の範疇にない時代・・・読んで、勉強して、その人物になりきって・・・」

この所時代設定は幕末や明治・大正なのに登場人物の思考・行動は平成と言うドラマを続けて見せられて来ただけに今度こそ本当にその時代を生きた方のドラマが見られるものと期待しています。

そして統括PDやdirector、脚本の羽原さん・・・その他の担当者の方々のモデルとなったお二人へのrespectが感じられてなお一層期待が膨らみます。

しかし土曜ドラマか何かでsuccess storyとして取り上げても良さそうな題材なのに人情喜劇の味付けで朝ドラで・・・
とは凄い発想だと感心してしまいます。

なにより素敵な鉄さんが毎朝見られるなんて・・・ほんとに幸せ!!
一緒に琥珀色の夢を見たいです。

« 軍師官兵衛 第38回  | トップページ | 軍師官兵衛 第39回 跡を継ぐ者 »

マッサン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琥珀色の夢を見る~マッサン:

« 軍師官兵衛 第38回  | トップページ | 軍師官兵衛 第39回 跡を継ぐ者 »