« 映画ルパン三世 | トップページ | マッサン試写会など »

軍師官兵衛 第36回 試練の新天地

タイトルは平定後九州に領地を貰った黒田家・・だけでなく佐々など他の大名達の苦労などから?

秀吉はキリスト教禁止令を出しました。

一向一揆などの例から信仰が主君への忠誠を凌ぐのを恐れた処置でした。
更に宣教師の追放令も。
動揺する信徒達ですが官兵衛は秀吉から個々の信仰は許すとの言葉を引き出します。
しかし布教の出来ない状況では、と高山右近はすべてを捨てて信仰に生きる道を選びます。
棄教を拒んでマニラにまで渡った右近のその後にまで触れていました。
右近はまだ秀吉の許にいたんじゃなかったのかしらん。
マニラに渡ったのは徳川の代になって国外追放令が出たからだったような記憶が。

黒田家は豊前に今までの3倍近い領地を貰います。
しかしその土地は宇都宮鎭房の領地でした。
本領安堵を約束されたからお味方したのだと鎭房は納得しません。
本領安堵を請け合った官兵衛が貰ったとあればなおの事でしょう。
官兵衛は秀吉から全権を与えられてはいなかったのですね。それなのに請け合ってしまったのなら悪いのは官兵衛?
慎重に事を運ぶ官兵衛ですが若い長政は一揆を起こした宇都宮の挑発にのってしまいます。
この始末は次回ですね。

その他国替えで播磨を離れる黒田家の奥向きのお話が。
播磨に残って墓守をしたいのでお暇を、と言うおふく。
しかし光にとってかけがえのない存在のおふくに替わって若いおゆうがその為に残りますと申し出、おふくは同行する事に。
でもおゆうって誰でしたっけ、誰の妻だったんでしょう。
良い加減に見ているので困ってしまう・・・

それから茶々の機嫌を取るのに夢中の秀吉。正室として迎える披露を、と迫られ大茶会をその場に?
これも次回・・・
そうそう秀吉の夢として大陸征服を暗示するシーンがありました。

もう回を重ねて残りすくなって来たのになんだか惰性で見ている感じになってしまいました。
いつも可も無し不可も無し。
右近の事も確認する気も起きず。
折角見てきたのだからおしまいまで見るとは思いますけれど。

« 映画ルパン三世 | トップページ | マッサン試写会など »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画ルパン三世 | トップページ | マッサン試写会など »