« マッサン試写会など | トップページ | マッサン放送まであと10日 »

軍師官兵衛 第37回 &マッサン

軍師官兵衛 第37回 城井谷の悲劇

今回は黒田家の新所領豊前六郡での元領主宇都宮氏との争いがメインです。

本領安堵を条件に寝返ったのに国替えを命じられた鎮房は一揆などで抵抗します。
若い長政は独断で兵を動かし罠に嵌って惨敗します。

その後安国寺恵瓊の仲介で、鎮房は息子と娘を人質に差し出し黒田家の家老となって和睦が成立、事は収まったかと見えました。
しかし一旦歯向かった者を許す事を出来ない秀吉は宇都宮を処分せよと命令されます。
戦場を離れる事の出来ない官兵衛に替わって善助が秀吉 に再考を願い出に行きますが失敗。
それを聞いた長政は鎮房を呼び出し自らの手で討ち果たします。


真相はどうだったのでしょう、官兵衛が知らなかった筈は無いと思いますが。
悪いのは長政であり一番悪いのは秀吉と言うのは一寸抵抗があります。
この宇都宮一族の話は史実は諸説あるようですし何もその通り書くこともありませんが官兵衛に関しては余りに綺麗事にし過ぎドラマ自体薄っぺらくなってしまっているようです。
この官兵衛にを綺麗に書くと言うスタンスに関してはどのお話の時もです。
だから少しも軍師らしい働きをしているようには見えない・・・
その辺がこのドラマに入り込めない原因かも知れません。
いつももっと面白く出来る筈だと言う不満が残ります。

その他今や天下人となった秀吉出自を飾るため やんごとなき方の落とし種との噂を自ら広める話など。


マッサンメイキング
10分でしたが予告番組がありました。
クランクインの様子とか、出演者の話とか。

中々良さそうに見えましたがどうでしょう。
鉄君、すっきりとして素敵でした。
相手役シャーロットさんとの相性も良さそうですし。
一番気になるのは母親役・・・
私の周りでは(私も含めて)嫌と言う人が殆どですが大阪では人気があるのかな・・・

« マッサン試写会など | トップページ | マッサン放送まであと10日 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

マッサン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 第37回 &マッサン:

« マッサン試写会など | トップページ | マッサン放送まであと10日 »