« マッサン第3週  | トップページ | インタビュー »

軍師官兵衛 第42回 &ステラの表紙など

軍師官兵衛 第42回 太閤の野望

今回は秀吉の朝鮮出兵~文禄・慶長の役のあらましでした。

秀吉は鶴松を失い後継に立てた甥秀次に関白を譲り太閤となります。
秀次さんやっと登場、中尾明慶さんですがどの程度書かれるのでしょうね。

朝鮮出兵の前線基地のため肥前名護屋に築城、秀吉の到着を待たず大軍が海を渡ります。
総大将は宇喜多秀家、あの直家さんの息子とは思えない好青年・・・ライダー出身なのね、イケメンには目のないわたくしです^^

最初は大勝、一気に首都漢城まで攻め込みます
渡海すると言う秀吉に官兵衛は代わりに戦況を見て参りますと言い、それを見た三成も実際の状況を殿下に報告する為と渡海する事に。


現地で官兵衛が見たものは。地理不案内の土地で苦戦し、更に朝鮮水軍に阻まれて兵糧が届かず飢える日本軍でした。
但し戦闘シーンは殆どなくセリフの説明だけはいつもの通り。


官兵衛は帰国して不利な状況を説明、和睦を進言します。
再び茶々が懐妊して上機嫌の秀吉は和睦に応じ、任された官兵衛は再び朝鮮へ。
しかしその和睦交渉に秀吉の出した条件は国の半分の割譲など相手が応じられないようなものでした。

とても交渉は無理だと言う小西行長に官兵衛は相手に伏せたまま交渉をと言い書状を焼き捨ててしまいます。

各将ばらばらの日本軍をとにかく釜山まで撤退させ帰国した官兵衛を待っていたのは・・・
三成の讒言で激怒した秀吉は官兵衛に蟄居を申し渡します。

このドラマは官兵衛は絶対正義、三成は悪ですからこうなるのは仕方ないですね。

それにしても茶々が三成に「殿下の子をもう一度産みます」と言う二人だけの夜のシーン、あれはなんでしょう。
秀頼は三成の子と言いたいわけですか・・・

マッサン
ステラの表紙

今週のステラの特集は玉山鉄二さんでした。表紙も。
インタビューは特に真新しい事はありませんでしたが「玉山鉄二がマッサンに出会うまで」と言うコーナーがあって今までの主な出演作の紹介がありました。

NHKでの出演作は帽子など写真入りで。
でもNHKへ初めて出演した「真夜中は別の顔」の紹介は無くて一寸がっかりでした。
この作品だけ見ていないので何とか見たいと思いますがもう局側にも残っていないのかも知れませんね。

ステラの表紙になったのは二度目ですね。
最初は「天地人」の景虎さんの時でした。平成21年の3/20号です。
もう5年以上もたつんですね。

表紙も中のインタビューの写真も当たり前ですが若いです。
一寸とんがった印象があって余計若さを感じさせますね。

華姫の相武さんの写真もあって懐かしく見てしまいました。
このお二人お似合いだと思うのでお二人のドラマ、どこかで作ってくれないかしら。

A  A_2

« マッサン第3週  | トップページ | インタビュー »

大河ドラマ」カテゴリの記事

マッサン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マッサン第3週  | トップページ | インタビュー »