« マッサン第7週 | トップページ | マッサン第8週 »

軍師官兵衛 ・マッサン・その他

高倉健さんが亡くなられました。

言うまでもなく日本を代表する映画俳優でした。
映画俳優として只一人の文化勲章受賞者ですし、英語やフランス語に堪能でハリウッド映画にも何作も出演されて海外でも人気の超有名スターでいらした。

只私が映画館で健さんを見たのは「鉄道員」だけで、幸せの黄色いハンカチも野生の証明も皆TVで見ただけです。
年代的に仕方がない事ですけれど「君よ憤怒の河を渡れ」とか、有名な昭和残侠伝シリーズ、網走番外地など見ていないのが残念です。

男前で物静か、素敵な方でした。
謹んでご冥福をお祈りします。

軍師官兵衛 46話 家康動く
秀吉の死後、天下を巡って様々な動きが超スピードで展開する回でした。

朝鮮から帰国した諸将と三成の対決、家康の秀吉の定めた法度を無視した振る舞いなどなど。

そして秀頼の後見として前田利家が突然登場。もう病人のようです。
家康の横暴を抑えようとする利家に官兵衛が暴言を・・・暴言としか受け取れなかったですけれど。
面と向かってもうあなたの命は長くないからなんて言うでしょうか・・
官兵衛の言葉を聞いて利家は引き、間もなく亡くなります。
突然登場で退場・・・秀次と同じでしたね。

三成の家康暗殺計画発覚、長政らアンチ三成派の三成襲撃、三成が家康の許へ逃げ込む、とまあ何とも忙しい展開でした。

その合間に黒田家で男子を産めなかった糸の気鬱状態の様子など書かれ、家康に突然養女の話が出て長政とのかかわりを暗示したのでしょうがこれも唐突でしたね。
肝心の官兵衛は家康に傾倒する長政に対し、「おのが道を行く」と宣言。つまり天下取りを宣言。
このまま関ヶ原へなだれ込むのでしょうか。小早川秀秋に関してなんの説明も無いのに・・・

大河ドラマ
「花燃ゆ」の公式ポスターのキャッチコピー「幕末男子の育て方」には吃驚。
これって大河ドラマでしょう。
ふざけているとしか思えないんですけれど・・・
ヒロインの二番目の夫「楫取素彦」の育て方?
だって他の方々は志道半ばで亡くなってしまうんでしょう・・

マッサン
舞台が広島に移って、相変わらず駄目マッサンですがそれでも酒造りに関わっているマッサンはまだましでしょうか。

早苗のエリーに対する態度も理不尽な嫁いびりではなく躾と思えばまだ見ていられます。
大阪での騒々しいご近所さんの話よりかなりましです。

でも毎回言っていて気が引けますが、二人でウイスキー造りの努力する姿が見たいのでここまで2ヶ月は長すぎます。
政春の良さが全然見えて来ないのが一番不満なんですけれどね。

CM

ダイハツWAKEのCM、熱い漢と言うけれど・・・このようなcharacterが定着したらイヤだなあって。
鉄さんに何を求めるか、人様ざまですけれど、私はマッサンで言えばナツを膝にのせていた時のような、阪急電車の時のような穏やかな感じの鉄さんが一番好き。
ダイワハウスの若いお父さんのCMが一番好きです。

CMと言えばトレジアに出てそして今度はWAKE。
車で他社のCMに出て良いのかなと思いましたがスバルもダイハツもトヨタの傘下なのを思い出しました。
トヨタグループなのでOKなのかな。
D3a

« マッサン第7週 | トップページ | マッサン第8週 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

マッサン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マッサン第7週 | トップページ | マッサン第8週 »