« マッサン年始のご挨拶など&花燃ゆetc | トップページ | 花燃ゆ 第2話 & 週刊女性 »

マッサン 第14週

年が明けて再開したマッサン、折り返し点を過ぎてしまったんですね。
今から終わってしまった時が怖い・・・・

余計な事はさておき、大将から営業を命じられたマッサン、スコットランドに似た風土なのでウイスキーの味がわかって売れるかも知れないと北海道へ。
航空機も新幹線も無い時代、何時間かかったのでしょう、考えただけで気が遠くなりそうです。

その留守宅に早苗危篤の電報が届きます。
鴨居商店から北海道の問屋に問い合わせて貰いますが連絡のつかない政春を待たずにエリーはエマと広島へ立ちます。
エリーの親身の看病で一時持ち直した早苗は次第にエリーに心を開いて行きます。
エリーに英語の挨拶を教わるscene、Thank Youと Goodbyeはわかり易すぎる話運びなのに涙が出ました。

北海道ではマッサンが慣れない行商に励んでいますが全く売れない、そんな時知り合った森野熊虎に誘われるまま余市の熊虎の家へ。
熊虎は鰊漁師の元締めでした。
いわゆる鰊御殿ですが、この時代まだ鰊は捕れていたんですね。
この役風間杜夫さんで嬉しい。
しかし森の熊さんとは(笑)

熊虎の娘ハナが出迎えますが「お帰りなんしょ」と会津言葉です。
鉄さん、大蔵さんを意識したかしら。
ハナは小池栄子さん。昔々「サムライガール」で共演してましたね。
主演が小池さん、鉄さんはいわゆるイケメン枠でしたけれど^^

熊虎は会津武士の出で東北、新潟を転々としたあと余市でりんごの栽培を手がけますが失敗、その後鰊漁で成功したらしいです。
ここは敗者復活の地だと熱く語る熊虎に政春は何か感じたようでした。
そして明け方窓からマッサンの見た光景は霧の立ち込める川でした。
思わず川に飛び込むマッサン、予告で何度も見たsceneでしたが感動しましたわ。
近くに大麦畑があり、ピートもとれる土地、見つけた理想の土地でした。
この土地で政春がウイスキーを作るまでにはまだ一波乱あるようですけれど。

熊虎がウイスキーを皆買ってくれて問屋から鴨居商店に連絡を入れた政春は早苗の病気を知り急遽広島へ。

広島では祝言を挙げていないうちは嫁として認められないと言う早苗の気持ちを察した千加子は自分の婚礼衣装をエリーに着せます。
最後の最後に間に合ったの政春に言った「お前のウイスキーはまずい」にはこんな場合ですが笑いました・・・

政春に抱かれて早苗は息を引きとります。その最後の言葉はhank You、 Goodbye
やはりと思ったけれど、それでも泣けましたね。
この場面、大げさな愁嘆場にしなかった所は良かった・・・かえって悲しさが伝わって来て。
今週はテンポも良く面白く見ました。


次の回が待たれるのはこのドラマではじめてかしらね。
無職時代にあんなに時間をかけずに進行させていたらもっと面白く見られたのでは、と思うと一寸残念です。
Ha  H6a
Ha_3  H10a
H11a

« マッサン年始のご挨拶など&花燃ゆetc | トップページ | 花燃ゆ 第2話 & 週刊女性 »

マッサン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マッサン年始のご挨拶など&花燃ゆetc | トップページ | 花燃ゆ 第2話 & 週刊女性 »