« 花燃ゆ第4話 & マッサン | トップページ | 花燃ゆ第5話 & マッサン »

マッサン 第17週

マッサンの会社北海道果汁が起ち上がりリンゴジュースは順調に製造されています。が価格が高くて売れ行きは悪く在庫は増えるばかり、大阪の出資者から呼び出されるマッサン。

価格が高い、ジュースと言うnamingが悪い、宣伝がなっていない、鴨居商店で何を覚えてきたのかと散々です。それは・・・ウイスキーを作ってたのよね^^
リンゴ汁と名を変えて売る事になり、新しい販路の獲得にも努力する事を約束し、リンゴ汁で利益を出さない間はウイスキーは作るなと釘を刺されてしまいます。

ポットスチルの製造を依頼していた佐渡に延期して貰うように頼みます。すぐ製造出来るような物ではないので依頼だけはしていたんですね。

家庭は、と言うとエマは3年生、母のエリーと髪の色など違う事が気になりだしています。

忘れたお弁当をエリーが届けに行った事から拾われた子だなどと同級生の武達にからかわれ思わず武をつき飛ばしてしまうエマ。
武の父が武を連れて謝りに来て事情がわかった政春夫婦は真実を告げるかどうか悩んだ末エマに養女である事を打ち明けます。血は繋がっていなくてもエマはたった一人の大切な娘だと。

呆然としたものの分かったと言うエマですが事のあまりの重さに熱を出してしまいます。
このあたり言葉で説明するのは難しいですね。
エマを演じる住田萌乃ちゃんの可愛らしさと素晴らしい演技に圧倒されました。
見のがされた方は是非オンデマンドでご覧下さい・・・宣伝してるみたいですが^^

6才だそうですから北海道編に入って大きい子に変わるかと思った事もありましたが、この演技力では変えられませんよね。

父兄参観日に宿題の作文「わたしの家族」を発表するエマ。
「実の両親は死んでしまったが世界一のお父さんとお母さんがいるから寂しくない・・いつか大きくなったらお母さんのようになりたい、そしてお父さんみたいな人と結婚したいです。」
思わず涙ぐむ政春とエリー。
出来すぎた結果のようですが萌乃ちゃんの可愛らしさに納得してしまいました^^

リンゴ汁と名称を変えたジュースは病人の見舞いと言う一馬の言葉にヒントを得て病院に売り込む事に成功、デパートなどでも売れるようになりやっと事業は安定して来ました。
この病院に販路を見出すあたりは事実と同じですね。

今週は萌乃ちゃん主演の週でした!
E1a  Ea_2

« 花燃ゆ第4話 & マッサン | トップページ | 花燃ゆ第5話 & マッサン »

マッサン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッサン 第17週:

« 花燃ゆ第4話 & マッサン | トップページ | 花燃ゆ第5話 & マッサン »