« 花燃ゆ 第9話 & マッサン関連 | トップページ | 花燃ゆ 第10話 & マッサン »

マッサン 第22週 & スタジオパーク

一馬に招集令状が来ました。
戦地に送り出す周りの人達の様々な反応を描いた一週間でした。

悲しみを表すまいと逆にはしゃいでしまう熊虎と周囲が全く見えず自分の悲しみしか考えられないエマ。
ハナは戦地に持たせる弾避けのお守り千人針を周囲の女性に頼んで回りますがこんなことしか出来ない悲しさが伝わって来ましたね。
一馬は遺書を書こうとしますが気持ちの整理がつかず何も書けない。

政春は一馬にわずか数日で教えられない事なのにブレンドを教えます。
後継者と考えた一馬への別れの、そして生きて帰って来いとのメッセージですね。
熊虎は壮行会を催しソーラン節を唄い幼い頃の姉弟の映像を写したり、一馬を励まし送り出そうとします。

出征前日最後のブレンドを終えた一馬は政春に自分たち家族があるのは社長のお陰と礼を言い、密かに品種改良をしていた大麦の種を政春に託します。
ここで一馬は始めて恐怖の気持ちを表します。
泣きながら怖いと訴える一馬を抱きしめ生きて戻れと言う政春。

一馬は父に今までの思い出を語り、感謝の気持ちと、戻れたら会津に連れて行って欲しいと書いた遺書を渡します。
当日自らの手で一馬の頭を丸刈りにする熊虎は始めて本心を顕にするのでした。
卑怯と言われても良い、逃げ回っても良い必ず生きて戻れと。
様々な思いに送られて一馬は出征します。


エリーに諭されて気持ちを切り替えたエマも涙をこらえて笑顔で一馬を見送るのでした。
今週のサブタイトル「親思う心にまさる親心」どおり熊虎の一馬に対する親心が丁寧に描かれ感動させられました。

風間さんは凄かったですね。不自然にまではしゃぐ前半からもう哀しみが滲み出ていると言うか。
この子を思う親心、は政春とエリーのエマに対する親心であり、そして政春の一馬に対する本当の父親のような愛情でもあったんですね。
その政春と一馬のシーンも感動しました。
本当の子のような愛情を持ってくれている政春だから一馬も思わず本心を打ち明けたのでしょうね。

今週は熊虎さん主演、一馬、エマ、エリー助演。
政春はその他大勢?
良かったのは6日放送の1シーンだけ。

場面、場面では感動させられましたが、こんな主役の影が薄いドラマもないのでは。
鉄さんファンと言うだけでなく不満が残ります。

来週は政春の出番も気になるけれど、まだ悲しい事が続くのか、両方の意味で今から見るのが辛いような気がします。

この一馬を見守る優しい表情!
Yoi24a
 
Yoi26a  Yoi27a


スタジオパーク
3月5日スタジオパークに玉山さん出演!
見学希望はあえなく落選、指おり数えて待った日(^^♪

時々?発言のある鉄さんにドキドキしながら見て凄く疲れました(^^;
でも心配なんて嘘のように落ち着いて、素敵でしたよ。
優しくて、丁寧で、暖かい人柄が見えて好感度高かったと思います。

撮影の苦労話とか一番気に入っているシーンはどこかとか・・・
エリーにもうダメだと泣き言を言うシーンでは実際に胃痙攣を起こしてしまったとか。

経歴の紹介はかなり簡単でしたね。
ハゲタカと帽子は入れて欲しかったです。
内気で幼稚園の頃は山羊さんとお友達でお母さんに貰ったティッシュをあげて遊んでいたとか、可愛いパーマンだったでしょうね。
中学生の時の写真はもう玉鉄が出来上がっていると評判(・∀・)

最後に「おつかれ様」の送信は新記録の70万・・・、良かったでした。
あと3週間でマッサンは終わります。

当たり前のように毎朝会えていたのでマッサンロスが怖いですし、また長期の行方不明になる心配も(^^;

そんな時このスタジオパークを見る事にしましょう。
Sp5a  Sp4a

Sp7a  Sp9a

« 花燃ゆ 第9話 & マッサン関連 | トップページ | 花燃ゆ 第10話 & マッサン »

マッサン」カテゴリの記事

コメント

菜の花さん、こんばんは。
「マッサン」クランクアップしましたね。
玉山さんの「(辛くても)自分に嘘をついていた」とか「ずっとマッサンだった。」の言葉にはジーンとしました。
スタジオパークも菜の花さんの言われたような玉山さんの人柄が感じられました。私はメッセージで堤さんが言っていた「ありがとう」の言葉が嬉しかったです。「お疲れ様でした。」はよく聞きます。(それを聞いた玉山さんが姿勢を正し、思わず「お疲れ様でした。」と返したのも人柄がでてました。)そういう紋切り型ではない「ありがとう」は、すごく気持ちがこもっているような気がして感動してしまいました。玉山さんが真摯にやってきたことがわかります。
それと天海さんの「マッサン」への出演。玉山さんへのサプライズは天海さんの発案だったということでした。そのことで玉山という名前がネットの芸能ニュースにたくさん流れました。さすが主役を張ってきた人は花の持たせ方が違うと感動しました。それもこれも玉山さんが頑張ってやってきたことの結果だなと思います。
しかし、菜の花さんが言われている「長期行方不明」の可能性。ちょっと辛いですね。「マッサン」は作品的にはいろいろ不満もありますので、早く違った顔を見せてほしいです。
すいません新米ファンのわがままな意見でした。

toyoさん
こんばんは。
コメント有難うございます。

スタジオパークの玉山さんは本当に素敵でしたね。優しく暖かい誠実な人柄が良く出ていたと思います。
只、今まであららの発言が時々あったので(それも玉山さんらしい微笑ましいものですが)叩かれるのも嫌で緊張して見ていたので内容はしっかり把握出来てなくて(笑)
又ゆっくり見ようと思っています。

只先日風間杜夫さんの言われた「作品とともに大きくなる」は実感しました。
自信を付け確実に大きくなっていたと思いました。

作品としては不満がありますが玉山さんにとっては知名度も好感度も上がってこの役をやれて本当に良かったと思っています。

マッサンロスが思いやられますが、次にどんな役が来るか、一段と大きくなった玉山さんに期待したいですね。
又お越し下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッサン 第22週 & スタジオパーク:

« 花燃ゆ 第9話 & マッサン関連 | トップページ | 花燃ゆ 第10話 & マッサン »