« まだ消息不明? | トップページ | マッサンHP »

今どこに?

昨日のスピンオフドラマの再放送でマッサン関連の放送は全部終了したようです。
公式HPも後数日で消えてしまいます。
公式が無くなってしまうので何とか少し手元に残しておきたいと、じたばたしております^^

TVってそういうものですから仕方ないとは思いますが寂しいですね。
考えてみれば毎朝必ず玉山さんに会えていた3月までの半年間は何て贅沢な日々だったんでしょう。
こんな日は大河の主役でもしない限りもう来ないかも知れませんね。

それにしても今何をしていらっしゃるのかな。
気になりますが、約一年の長帳場、少々のお休みではrefresh出来ないかも知れないとは思います。
そういえば吉高さんもまだお休みなさってますものね。
ゆっくり休んで頂きたいけれど消息だけでも知りたいものです。


今ちゃんと見ているドラマはNHKドラマ10「美女と男子」
連続ドラマには珍しく20回。3部構成だそうで今週から2部が始まります。
かなり面白いので、一部のあらすじをHPからお借りして書いておきます。

主役は仲間由紀恵さん扮する一子。IT大手の斑目コーポレーションでバリバリのキャリアウーマンだった一子はは資本提携先のひのでプロに出向を命じられます。
仕事は出来るが人の気持ちの判らない一子へのショック療法でした。
傾きかけたひのでプロを立て直す事が出来たら本社へ復帰出来ると言う条件で芸能マネージャーとして歩みだします。


工事現場で働くイケメンの向坂遼をスカウト、やる気の無い遼を売り出そうと奔走します。
演技する事に目覚め遼、そして一子は人を喜ばせる事を始めて知ります。
これから第2部
ひのでプロを立て直す事が出来なかった一子は斑目コーポレーションを退社。遼とともにイシノプロに移ります。

遼が変身もののヒーローに選ばれたり、一子が忙しすぎて夫が妹と浮気をして離婚したりとかなり盛り沢山の一部でしたがこれからでも十分楽しめると思います。

遼は町田啓太さん、花子とアンで村岡印刷の次男郁也を演じていました。
郁也の時とは全く違って少々ワイルドで中々魅力的です。
斑目コーポレーションの社長で実は遼の父に草刈正雄さん、遼のライバルに三田村邦彦さんの息子の中山麻星さん。
大女優役の真野響子さんなどなど・・・

民放で評判の高い「天皇の料理番」
杉本久英さんの原作を読んでいる為イメージが違いすぎて私には一寸。
朝ドラも大河も少しも面白くないので楽しみはこれ位です^^

花燃ゆとまれについてはあらためて感想を書いてみたいとは思っています。
Hp7  Hp8
Hp4  Hp3

« まだ消息不明? | トップページ | マッサンHP »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

菜の花さん、こんばんは。
玉山さんの消息が不明のままですね。
マッサンのHPも終わり、本当に淋しくなりました。

「天皇の料理番」マッサンに似ているという感想を見たので、2話目あたりから観ています。
民放ドラマにしてはしっかり作られていて、原作を知らない私はわりと楽しめています。確かに設定がマッサンに似ていて、制作チームはマッサンを観ていたんじゃないか?と思うくらいです。佐藤健くんの表情などからも、マッサンが思い出されます。マッサンの中でもっと観たかった部分(ウイスキー作りを中心とした主人公の様子)がドラマにされている感じで、なんだか悔しい気持ちになります。
まだまだ私もマッサンを引きずってるんでしょうね。

ゆきさん
こんばんは
いつもご覧頂き、そしてコメント有難うございます。

玉山さんは何をなさっているのでしょうね。
お仕事のofferが無いはずは無いと思いますが、全力を使い果たして燃え尽きちゃったのかしら^_^;
HPも無くなって淋しくなった今、早く次のお仕事が知りたいです。

天皇の料理番はかなり前に読んでいて最初から見ています。
設定・・特に妻・・が違いすぎるのが最初から気になって、でも原作どおりでしたら一般受けはしなかったと思うのでこの書き方が正解かなとは思いますけれど。

マッサンは私も連想しました。
もしかしたらマッサンをヒントに企画されたのかな、と思った事もあります。
仰るとおりマッサンで一番不満だった点がきちんと書き込まれていますよね。
脚本家のオリジナルに比べると原作があるものは強いですね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ消息不明? | トップページ | マッサンHP »