« フジロック | トップページ | ファンタジー大河 »

花燃ゆと真田丸

花燃ゆを真面目に見なくなってかなりになります。
気がついたら先週で第1部が終わりでした。

長州にとって、そして久坂玄瑞にとっての大事件である禁門の変、流石にちゃんと見ました。
でも相変わらず時系列のはっきりしない、時代の動きに良い加減な書き方で終わってしまいました。
多数の方が指摘されているように会津方から見た八重の桜の方が長州の動きが良くわかるなんてどういう事なんでしょう。

テンポが悪く臨場感が全く感じられませんでした。
書き方次第では面白くなった筈のこの2回、凄く勿体無かったですね。

脚本のまずさだけでなくミスキャストのせいもありますね。
久坂玄瑞と言う人、どう生きたかなど、かなり判っている人ですよね。
その面影が全く反映されていない玄瑞さんでした。

出番は少なかったけれど八重の須賀さんの方がずっと玄瑞らしく、桂との絡み、最後のシーンなどまだはっきり覚えています。
彼自身のcharacterに合っていないこの役を何故東出さんにふったのか。
自分の持ち味と全く合わない役をこなすには少々経験不足でした。
折角人気の出た有望な若手なのにマイナスイメージになってとても残念でした。

高杉晋作もです。
着物が似合わないのね、着付けに問題があるのかも知れませんが。
お二人とも武士らしくなくて本当に残念でした。
お好きな方いらしたらゴメンナサイ!

そして今回から第2部なんですね。
前宣伝で大奥と言う言い方をして気になっていましたが、今日見ましたら奥御殿と言っていて
一寸ほっとしました。
文は夫の無念を晴らすには自分が権力を手にする事だとして奥勤めに上がる事を考えます。
台場作りで知り合った老女園山に頼み込み、奥御殿に上がるところから第2部が始まりました。
長州を朝敵と言う窮地に追い込んだ久坂の妻と言う事で冷たい目で見られながらも、美和と改名した文の新しい生活が始まりました。

しかし文さん、少しも可愛げが無いですねえ。
自己主張が強く自分勝手で。
夫の無念を晴らす為これから強い女として生きていくという事なんでしょうが全く共感できないんですけれど。

松坂慶子さん、田中麗奈さんが登場でさすがにお芝居らしくなって来たようです。
少なくとも安心して見ていられます。
次回以降面白くなってくれると良いのですが。

来年の大河ドラマ真田丸のキャストの発表がありました。
主演の堺さんだけ決まって次の発表がかなり遅かったですね。
昌幸の草刈正雄さん、信之の大泉洋さんは噂通りでした。
大泉洋さんは、好きでも嫌いでもありませんでしたが今の朝ドラの印象が悪すぎて
嬉しくない・・・

相手役きりには長澤まさみさん。役柄紹介によると信繁の生涯のパートナーとなっています。
正室大谷刑部の娘は登場しないのかな。
徳川家康に内野聖陽さん。
その他、信繁の母に高畑淳子さん、祖母に草笛光子さん。きりの父に中原丈夫さん
初恋の相手に黒木華さん、と最近見たお顔ばかりのような。

手堅く実力派を揃えたようですが地味な感じですねえ。
未発表の豊臣方で華やかさをのつもりかな。


とにかく地に落ちてしまった大河ドラマです。
なんとか面白い、次週が待たれるような作品にして頂きたいものです。

ところであの方はどうなさっていらっしゃるのでしょうか。
今週もまだ行方不明ですね。
待ちくたびれて来ました^_^;

« フジロック | トップページ | ファンタジー大河 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フジロック | トップページ | ファンタジー大河 »