« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

SWITCHなど

CXのSPドラマのお話以外お仕事の話は聞こえて来ません。

あのドラマへの出演は特別でまだお休み中らしいと言う噂もあり気になるところです。

半年前の朝ドラの主役吉高さんも長くお休みされていましたのでまだ暫くは仕方が無いかなとも思いますが、ファンとしてはそろそろ本格的にお仕事を再開して頂きたいですね。

そんな中インタビューが雑誌に掲載されました。
1週間ほど前に発売された「SWITCH」です。
この雑誌でお目にかかるのは2度目ですね。
昨年の10月「玉山鉄二のターニングポイント」がタイトルでした。

今回のタイトルも「玉山鉄二いくつかのターニングポイント」
『26才の頃ある作品の現場で監督に要求される事がどうしても出来なくて「力が伴わない自分に」初めて向き合った時が俳優としての本当のスタートだったと、今振り返ると思う』
手紙の時でしょうか。

役作りの努力をハゲタカの時を例にあげ、又役者としての成長を促した存在としてそのハゲタカの大友監督、手紙で出会った山田孝之挙げて語っています。

作品ごとに全身全霊うぃ捧げるから常にしんどい、演技をしている最中に楽しいと思った事が無い・・・だからこそ「楽しめるようになりたい」のが理想像だそうです。
26才で俳優として旅立ち35才の今、演技を楽しむ方法を見つける、2度目の旅に出ようとしているんだと思う
と締めくくっています。


風間さんが仰っていたようにマッサンで役とともに大きく成長した玉山さん。
約一年間の苦労が彼を大きくしたんですね。

成長し続ける姿をこれからも見守って行きたいと心底思いました。
その他「玉山鉄二が尋ねるニッカウヰスキー宮城峡蒸留所」と題して竹鶴政孝さんへの思いや写真など。

9月に入ってですが「手紙」が衛星劇場で。
玉山さんが始めて天海さんと共演したTVドラマ「薔薇の十字架」がチャンネルNECOで、
又BOSSがフジTVTWOで再放送されます。
お見逃しになった方でご覧になれる環境の方は是非!。


写真は宮城峡のを除くと私の好きな玉山さんには遠くて一寸残念でした^^
Sw3a  Sw2a
Sw1a  Sw1b

逆境ナイン2

夏の甲子園が東海大相模の45年ぶりの優勝で終わりました。

何もしていなくても暑い真夏、良く連日動けるものと毎年感心しながらTV観戦していました。
45年前、東海大相模の地元相模原市で優勝を祝って提灯行列があったそうですが今年はどうだったんでしょうね。

毎年この時期思い出すのが映画「逆境ナイン」です。
玉山さんの単独初主演映画ですね。
このブログでは5年前の夏に2度取り上げています。
マッサンで玉山さんと出会った方で未見の方がありましたら是非ご覧いただきたいと又取り上げてしまいました。

原作は島本和彦さんの漫画ですが読んだ事はありません。
作者ご自身はギャグ漫画と仰っているようですが、それにスポ根もの、青春ものがミックスされてなんとも言えない面白い映画になっていると思います。
監督は羽住英一郎さん。
共演に堀北真希さん、田中直樹さん、藤岡孝さん、青木崇高さんなど。

簡単に言いますと全力学園野球部のキャプテン不屈闘志があらゆる逆境を乗り越えて甲子園に出場するまでのお話です。
常識はずれの展開ですが馬鹿馬鹿しすぎて返っておかしいんですね。
以前にも書きましたがこういうジャンルは苦手で中々手が出なかったのですがとりあえずレンタルして見てすっかりはまってしまった映画です。

2005年の映画ですから10年前玉ちゃん25才の時ですね。
25才で高校生!一寸無理がありますけれど見ていて気にならない、馬鹿馬鹿しいのを真面目!に熱演している若くひたむきな玉ちゃんはとても素敵でした。
オールアップの映像で泥まみれで泣いている玉ちゃんはすごく可愛い!
エキストラに丁寧に挨拶している姿も心に残りました。

青木崇高さんとは3年後の銀色のシーズンで又共演されています。
同じ羽住監督作品、そして3人のスキー馬鹿?と言う事で期待して見たのですがこれは中途半端な出来で全く期待外れでしたね。
お馬鹿に徹したこの作品は貴重と言っても良いかなと思いました。

右は島本さんが描かれた不屈闘志の玉ちゃん
G2a   G1a

G3a  Ga

CXSPドラマ、私と言う名の変奏曲 他

玉山さんの新しいお仕事がやっと発表されました。

少し前から噂されていた、フジTVのSPドラマ天海祐希さん主演の「私と言う名の変奏曲」です。
原作は連城三紀彦さんの30年前に発表された初期の作品です。
刊行されてすぐ読みました。
戻り川心中・黄昏のベルリンなど独特の世界に夢中になっていた頃でした。

お話は、国際的人気モデルの美織レイ子が毒殺され、容疑者は7人。7人全員が自分が殺したと信じています。
ここはトリックは無く皆レイ子の死を確認しているんですね。
真相は?真犯人は?連城ワールド全開のお話です。
ドラマはどう書くのか、原作に忠実なのか、どうなのか興味のある所です。

容疑者7人には個性的で達者な俳優さんがキャスティングされていますから脚本、演出次第では面白い作品になると思います。
造花の蜜の最終回のように台無しになるような変更がなければですが。

只、原作のレイ子は23才ですが天海さんに合わせて多分年令を上げていると思われ、その為共演者も皆年令は高いですね。
原作とかなりイメージが違う人物も。
小説未読の方はお読みにならない方が楽しめるかも知れません。


玉山さんは予想されていたように容疑者ではなく刑事の役でした。
原作には「長身で現代的な悪くない顔立ちだが只やつれた声が顔と似合わない・・・」と紹介されてます。
玉山さんは良い声してますけれどね^^

この難しい事件の真相に迫る優秀な刑事役です。
彼が容疑者全員と会う設定なら出番はかなりありそうです。

天海さんとの共演は・・・レイ子が殺されて事件になってから捜査に入る役ですから当然ありませんよね。
でも天海さんは玉山さんと共演したいと死体の役で出られたそうです。
何だか嬉しい・・・

公開は10月2日(金)21時~、まだまだ先で待ち遠しい事です。
只、贅沢を言わせて頂くと、このドラマへの出演は嬉しいですけれど、こんなに待っていてCXのドラマなのと言う気持ちがあります。ごめんなさい。

まあなんといっても単発ですから映画か連続もののお話がありますように、と。
そして出来たら映画で会いたいです!
Wa_2
その他

野球、ソフトボールをオリンピック種目の第2弾がありました。
出演者が少し減って一人ひとりが一寸長く大きめの映像になっています。
良くわからなかった出演者の方もわかるようになりました(笑)
楽しそうな玉山さんです。
Ya1a Ya3a
https://www.youtube.com/watch?v=QbvGXkH7X3I&feature=youtu.be

PRビデオ & nana2

玉山さんの情報はさっぱり聞こえて来ませんね。
消息不明は慣れているつもりでしたが流石に待ちくたびれました。
何でも良いからお仕事の情報下さい!!
そんな中お仕事ではありませんがこんなニュースが。
「野球・ソフトボールを東京オリンピック正式種目に!」

野球・ソフトボールの東京オリンピックでの正式種目復活を目指してNPBなど関係団体がPRビデオを発表したと言うニュースです。
大勢の野球選手や芸能人などが次々にキャッチボールをしている姿が写しだされていて、その中に玉山さんのお姿も。
あっと言う間でしたが嬉しそうにボールを投げている様子が見られました。

https://t.co/AoQ8K5LLJz
高校野球大会開催中の甲子園球場やプロ・アマ野球、ソフトボールの開催球場などで放映されるようです。

NANA2

何故今頃NANAかと言いますと、先週終わってしまいましたがNHKで放映されていた「ちゃんぽん食べたか」のせいなんです。
さだまさしさんの青春時代を書いた自伝が原作で以前放映された「かすてぃら」の続編になります。

さださんが中学で一人音楽修行に上京した所からプロとしてデビューするまでを書いていますが、これが地味ですが中々良いドラマで楽しんで見ました。
さださん(のモデル)に扮するのは菅田将暉君ですがグレープの相方吉田さん役として本郷奏多君が出ていました。
中々素敵で、思い出したのがNANA2の美少年のシンでした。

NANAも「2」も玉山さんファンになってからDVDで見ました。
NANAのタクミは凄く良かったけれど「2」の方は鬘が不自然な事もありそれほど良いとは思いませんでしたし、映画自体脚本家が変わったり主要キャストも交代したりで良いとは思わなかったのですが。
今回久しぶりに見て中々良いではないかと。

原作を知らないせいか映画に書かれている世界だけでの感想ですが。
「1」で上京する列車の中でバンド活動をする同名のナナと知り合い、共同生活をするなな・物語ではハチと呼ばれます。
主人公の一人ナナがボーカルをしているバンド「ブラスト」のデビューまでと「トラネス」のレンとの話など。

ハチは・・
ブラストのヴォーカルのナナを取り巻く華やかな世界にあこがれ、彼女に恋しているブラストのノブがいるのにファンだった人気バンドトラネスのリーダータクミに誘われるとついていってしまう・・・
その後ノブとも付き合いそして妊娠、、タクミがハチと結婚する事になります。

超簡単ですみません。
只、女遊びの激しいタクミにどのような計算があったか、など映画では余り書かれないのでタクミの優しさが目だってますね。
玉山さんが演じているせいもありますけど。

「1」と比べて酷評する向きもありますがそれなりにまあ見られる作品かな、と。
ついタクミの話になってしまいましたが^^ブラストのシンに扮しているのが本郷君。
9年前ですから15才?まあ凄く可愛い!!
「1」と比較するのは・・・やめておきます。

ファンタジー大河「精霊の守り人」のもう一人の主役チャグム王子に数年前の奏多君!と言った人がいましたが同感です。
これから活躍されると良いな。

NANA と NANA2に興味のある方は今月16日にCSTBSチャンネルで再放送がありますのでどうぞ。

玉山さんは出番は少ないけれど「1」の方が素敵です(^^♪
N4a    N6a_2
Nana 

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »