« 真田丸 第3回 | トップページ | エランドール賞授賞式 & KFC »

真田丸 第4回 

第4回 挑戦

信長に呼び出された昌幸と信繁が信長の待つ諏訪法華寺に到着したところから始まりました。
冒頭信繁から昌幸の前名武藤喜兵衛の名が出されます。徳川家康と三方ヶ原で戦った因縁の説明の為ですか。
家康は穴山梅雪と対談中、小山田信茂が殺された事から自分の心配をする梅雪に同じ裏切り者でも調略に応じた梅雪は格が違うと言います。凄く痛烈ですね。

家康と昌幸の出会い、信長への贈り物を相談する昌幸など表面上は和やかに話し合う二人ですが、武藤喜兵衛の名を出されてとぼける昌幸など食えない二人の応酬があります。
一方留守を守る真田家では松が匿っている茂誠の事で、信幸から見咎めれそうになり庇いあう松、梅、きりの三人の様子が面白く描かれます。
松、梅と来て桜じゃなくて桐なんですね^^
事情を察しながら見てみぬふりをする信幸ですが、信幸の大きさを見せたかったのでしょうけどなんだかここはわざとらしいですね。

きりに父高梨内記が梅の家とは身分が違うから親しくするなと言います。
真田家における家臣たちの身分の差の説明ですね。
法華寺では上杉への密書を巡って昌幸が信忠と家康の追求をあの手この手でかわす様子が仔細に描かれます。

家康はすべて見抜きながら昌幸の言い分をみとめて事を収めます。
このお二人のやりとりの素晴らしかった事!久しぶりに見ごたえのあるお芝居を見せて貰いました。
そして信長の登場です。
音楽もなし、前触れのセリフもなし。静かな中足音だけが近づいて来ます。
昌幸の顔をじっと見たあと、よき面構えじゃと一言だけ言って去って行く信長。
洋装にブーツ、まあインパクトのあった信長でした。

思ったより静かな方、けれど怒ったら怖いだろうと三十郎に話す信繁ですが、その時光秀相手に怒り狂う信長の声が。
「お前がなにをしたか申してみよ」
武田滅亡に「我らも骨を折った甲斐があったもの」と言った光秀に怒った信長なんですが、この辺の事詳しくない人には判らないのよね。一緒に見ている娘相手に説明しながら見ています^^
無事真田家存続に成功した昌幸でしたが、沼田城と岩櫃城を召し上げられ、安土に人質を出す事になります。

信繁は松を人質に提案。茂誠を供の中に紛れて一緒につけてやろうとしたのです。
信幸も応援、事情を察したのでしょうね。
そして信繁自身も松一行を送って安土へと出発。安土の真田屋敷に入りますがなんと本能寺の変の前日の事でした。

本能寺の変
あっと言う間に信長の死で終わりました。
信長も光秀も登場したばかりでもう退場ですか。信長はもっと見ていたかったです。
来週真田の目線からの説明はあると思いますけれど。
やっと危機を脱した真田家が又どこへ行くのか、話の運びが速くて良いですね。

今回は草刈昌幸と内野家康のお二人のシーンが圧巻でした。
ただ毎回「わかる人にはわかる話」があって歴史に詳しい人向けですね。
面白いと言えば面白いけれど。

私もかなり小さい時から両親に解説して貰いながら大河ドラマを見ていて、そのせいもあってか本を読むようになり歴史に詳しもくなったので良い事なのかも知れませんね。
軽すぎて乗れない部分もあるけれど、とりあえず一家で面白く見られる大河が帰って来て良かったです。
前作はTVはついているけれど皆勝手な事してましたから^^

« 真田丸 第3回 | トップページ | エランドール賞授賞式 & KFC »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真田丸 第3回 | トップページ | エランドール賞授賞式 & KFC »