« エランドール賞受賞! | トップページ | 真田丸 第4回  »

真田丸 第3回

第3回 策略

真田一族が故郷真田郷に帰って来るシーンから。

桜満開の緑豊かな山合いの美しい風景から始まりました。

長澤まさみさん扮する家臣高梨内記の娘きりが登場です。
信繁が好きなようですが、信繁の関心は堀田作兵衛に妹梅にあるようです。

土産の櫛の大差に笑わされました。梅は黒木華さん。
皆さん10代にはかなり無理がありますね。
若さを表すためかきりも現代の言葉遣いです。

昌幸の弟信尹と信繁との会話で嫡男と次男の関係の説明が入ります。
北條との折衝に当たっていたとの話ですが、徳川に仕えていたと何処かで読んだような。

信幸には妻がいて病身のようです。

一方高遠城では徳川家康が信長を迎える為死闘で血に汚れた城の片付けなどの準備をしh本多平八郎が初登場です。藤岡弘さんですがいかにも豪傑と言った感じがおかしい(^^♪
平八郎は気乗りのしない家康を城将仁科信盛の自害した場所に案内します。

家康はまだ老獪さの影もなく、気弱にさえ見えます。
そして勝頼らの供養をすると言います。
武田の遺臣の多くが徳川家に仕えた伏線?説明?

表題の策略です。
真田一族は織田につく事に決まりましたが、国衆の評定はまとまりません。
上杉を利用し、策をめぐらし思いのままにして行く昌幸と、その昌幸に真実を知らされず翻弄される信幸の様子が描かれます。
信幸が一寸かわいそうでもあり、今までの信幸のイメージと違いすぎて戸惑ったりでした。

事は昌幸の狙い通りに運びます。
そして行方不明だった松の夫小山田茂誠が逃げ帰って来ます。
彼を助けようとする信幸兄弟の様子など。
この茂誠さんですが同じ苗字でも謀反をした信茂とは違う一族だったような気が。
以前本を読んだり、ドラマを見たりした記憶がごっちゃになって困ったものです。

木村佳乃さんの現代調の言葉遣い、長澤さんもそうですが若さを出したい為でしょうが一寸いただけませんね。
堺さんはじめ長澤さん、大泉さんなど10代はやはり無理ですねえ。
その為不自然で見ていて辛い。

視聴率が下がったそうですが年令から来る不自然さとともに三谷さんの世界に馴染めない人が多いのかも知れませんね。
私自身平勝頼の退場の後は草刈さんしか楽しみがありません。
早く主な登場人物に「おとな」になって貰いたいです。

« エランドール賞受賞! | トップページ | 真田丸 第4回  »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エランドール賞受賞! | トップページ | 真田丸 第4回  »