« エランドール賞授賞式 & KFC | トップページ | SPドラマ出演 »

真田丸 第5回 

第5回 窮地

絶対権威者に成った、と思われた信長の突然の死、を巡って真田、徳川両家の動きを中心に描いた回でした。

信長の死は詳しく書かず二条城での信忠の死で始まった今回。
信忠が若い信長のイメージで新鮮でした。
徳川家康は堺から穴山梅雪とともにわずかな手勢で京へ行く途中この変を知ります。
どうやって国へ帰るか、窮地に陥った徳川勢は明智の目を逃れて困難な伊賀越えの道を選びます。
梅雪は家康一行と別れるのですが落武者狩にあって命を落とします。
ここはナレーションであっけなく報告でした。
困難な山中を越えてやっとの思いで帰国する家康一行。
まあしかし数百人も命を落とした筈の危険な様子は余りなく、コミカルでなんだか時代劇の格好をしたクロスカントリーみたいでした。
もし信長が生きていたら明智より余程怖いという家康。
よれよれになって帰り阿茶局の膝に倒れこむ家康。
可笑し過ぎでした。

安土では京でなにか変事があったようだと言う事しかわからない信繁が京へ向かいます。
真田の郷では信繁を巡ってきりと梅のたわいも無いお喋りなどがあり、きりが父内記のはからいで真田家の奥へ奉公に上がる事になります。
あわよくば信繁の妻にと言う思惑のようです。
(余計なお話です。前回松、梅とくれば桜と書いた事に桜でなくて竹でしょう、と言われました。竹は信繁の正室の法名が竹林院ですからもうちゃんと存在しているんですが。)

その真田家へ京より明智の使者が到着。変事をもたらし味方につくようにと言います。
使者を軟禁、国衆への書を握りつぶし主導権をとる昌幸です。
せっかく織田につき進路を決めたのに無駄になった、これからどうすると怒る昌幸。
織田側から離れるなと言う信幸、これからの事に策略をめぐらす父と実直な息子の対比ですか。
国衆を説得して上杉につく事に決心した昌幸ですが、上杉景勝は織田と戦う事は義にもとると拒否、上杉もそれどころではなかったのですね。

そして厩橋の滝川一益から、使者が。
変事への対応かと思いきや、一益は良い湯治場はないかと。
信長が天下を統一すればもう争う事も無くなると語ります。
真田家が知っている事を一益がまだ知らないと言う事、一寸納得しがたものがありましたが。この滝川一益は段田さんが良かった事もあって中々魅力的でした。

一方安土では信繁が京へついて変事を知り安土へ掛け戻りますが松は安土城内へ連れ去られたあとでした。
その松を救い出し、松の懇願で他の大勢の人質を連れて城を抜け出す信繁。
狸の存在から抜け穴を知ったり、ここも危険がいっぱいなのにかなり面白おかしく描かれています。


このドラマ、テンポも良く面白いんですが、復興大河を期待した向きにはどうかな。
今回の視聴率で答えが出るでしょうか。
しかし一瞬で変事が世界中を駆け巡る現代と違って、人の足、せいぜい馬に頼るしか情報伝達の道が無かった時代です。
その混乱ぶりはよく描けていたと思います。

« エランドール賞授賞式 & KFC | トップページ | SPドラマ出演 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エランドール賞授賞式 & KFC | トップページ | SPドラマ出演 »