« 真田丸 第6回 | トップページ | お仕事の情報は? »

真田丸 第7回 

第7回 奪回
信長が亡くなったあとの武田家の領地を巡っての戦いが始まりました。
まず織田家のこの方面の司令官滝川一益と北條家の合戦は一益側の敗戦に終わりました。

昌幸はその間に岩櫃、沼田を奪還しますが、人質のとりは一益に箕輪城に連れ去られていました。昌幸は信繁を連れ箕輪城へ一益に会いに行きます。
昌幸の裏切りを知らない一益は昌幸を歓迎します。
人質は信濃を抜けるまで返さないと言いますが、それでも岩櫃、沼田は真田に返すと言う一益。
勿論裏切りがわかって激怒するのですが・・・

箕輪城を出た一益は小諸城へ、信繁と三十郎はきりを奪い返す為に小諸城へ忍びこみます。
とりを見つけて脱出する寸前、きりが前に信繁に貰った櫛を忘れたと取りに戻り手間取ったために発見され信繁達も捕まってしまいます。

一益は木曽義昌が道を封鎖したため小諸城で足止めされ、話し合いの末信濃国衆の人質を義昌に渡してやっと出発します。
しかしここで手間取ったため一益は信長の後継者を決めるいわゆる清洲会議に遅刻してしまうんですね。
このドラマの一益は爽やかで素敵な武将に書かれています。もうこのあとでないのかしらん、そうなら一寸残念です。

義昌に引き渡された真田家の人質ですが、義昌は幼い頃から知っているとりに頭が上がりません。
とりが残る事で信繁達は解放されます。

このとりの毅然とした態度、いかにも武家の女性らしい凛とした様子ですが対照的におつきのきりの書かれ方は何でしょう。
信繁に対する口の利き方、態度、家臣の娘の筈なのに。
いずれ変わって行くのかも知れませんが、この人がヒロインとは一寸頂けませんね。

昌幸は上杉を訪ね、一緒に北條に向かおうと説得します。
その後、とり救出に失敗した信繁を叱責、自分の勘を頼りすぎると。
信幸は勘に頼らないが真面目で面白くない、お前は失敗もするが面白い、二人合わせて一人前だと説教します。

そして上杉で語った事は方便で実は北條に付く、手土産に上杉方の海津城の春日の調略を信繁に命じます。

今回は昌幸の余りの謀の多さに一寸辟易気味でした。
そこが真田家を取り上げた見どころでもあるんでしょうし小国の悲哀ではありますけれど・・・
きりのうっとうしさと共に余り後味の良い回ではなかった・・・
次回に期待して。
何だか先週もそう思ったような気がしますけれど。
 

« 真田丸 第6回 | トップページ | お仕事の情報は? »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真田丸 第6回 | トップページ | お仕事の情報は? »