« お仕事の情報は? | トップページ | 消息が・・・ »

真田丸 第8回

第8回 調略

滝川一益が去りった後の武田領ですが北條氏直が小諸城に、上杉景勝が海津城を押さえ、小領主の真田家はどうするか・・・が今回のお話です。

前回で出たように昌幸は海津城の春日信達の調略を信繁に命じますが失敗。
昌幸は小諸城の氏直の許に。
氏直は遅参を詰り、春日調略も無用と怒ります。
ところがここへ登場した氏政は上機嫌で昌幸を持ち上げます、があとでこれは天狗になっている氏直を嗜める為だったと言う落が・・・

昌幸が北條に付いた事はすぐ上杉に知れ海津の信尹と信繁は何とか言い抜けますが直江兼続は不審の様子です。
そして信尹と信繁は春日の調略を急ぎます。武田滅亡後上杉に仕えた春日信達ですが父の築いた海津城を与えると北條から言われてついに裏切りを決意。
叔父上のようになりたいと言う信繁にわしのようになるなと言う信尹。何故かはすぐわかります。

調略は成功したかに見えましたがその春日信達は磔にされてしまいます。
動揺した氏直は上杉と戦う事をあきらめ甲斐へ兵を向けます。

ここで遡って春日信達が何故殺されたかの説明があります。
海津城を与えると言う北条氏直の起請文をを渡すと見せて信尹が信達を油断させ殺してしまい信達から仕掛けられたと報告するのです。

景勝が春日信達を信頼していた事を語る場面があります。
このドラマでは景勝さんはとても良い方です
上杉は家臣の謀反で越後に引き上げることになります。

この事で昌幸の思惑は上杉は越後に帰り、北条が甲斐へ向かった為に徳川も迂闊に動けなくなった事を狙って信濃を国衆が治めるようにしたかったのだと判ります。
家康はこの一連の動きは真田の企みではないかと疑い真田の恐ろしさを知るのですが、家康さんはずっとこのままコメディ路線で行くのでしょうか。

今回の昌幸さんの動きは一段とあざといですね。
実際は信達の謀反に真田は絡んでいなかったと思います。
小国が生き延びる為には仕方ない事としてこういう話にしたのでしょうが、一寸ひいてしまいますね。
それと信繁は上杉では信尹の息子信春となっていますが、もう何処かで実は、と訂正したのでしょうか。
今後上杉の人質になるのにどうするのか、少し気になりました。

余談ですが・・・
春日信達の父高坂弾正は信玄に愛された事で有名な美男子で「武田信玄」では村上弘明さんがなさってました。
今回信達の前川泰之さんも素敵でしたね。背が高くて・・背がお高いのね、186cmだそうです。
親子2代のハンサム!
救いがたいイケメン好きで申し訳ありません^_^;
もう退場とは残念です。

« お仕事の情報は? | トップページ | 消息が・・・ »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お仕事の情報は? | トップページ | 消息が・・・ »