« 鉄分不足 | トップページ | ニッカのCM他 »

真田丸 第12回

第12回 人質

天正12年は秀吉と家康が戦った小牧長久手の戦いがありましたが真田は参加していないのでナレーションの説明だけ。
徳川の策に乗せられた室賀は返り討ちにしたものの、北条と徳川に挟まれた苦しい状況は変りません。
昌幸は再び上杉と手を組むと言い信幸は唖然とします。
上杉の返事は信繁を人質に出せと言うものでした。

新婚の梅をおいて三十郎と上杉へ向かう信繁は策略の多い父と一寸離れたいなどとあっさりしとしています。
その梅は妊娠の確信もないまま結婚を迫った事をきりに告白、したたかさを隠さなくなりましたね。

上杉で景勝は信繁を暖かく迎えます。
信繁に上杉の「義」を語る景勝。
国づくりの本文は民を安心して暮らせるようにする事。
「義を忘れ欲の為だけに生きた人はどうなる」との問いに「死にざまは生き方を映す鏡。信長の最後を見ればわかる」と答えます。
(ごめんなさい、天地人を思い出すと何言ってんだかなんて思っちゃうけれど)

一方兼続は人質だけでなく沼田を返せと言って来ます。
昌幸から何とかするようにと言われた信繁は景勝に訴え、景勝は兼続に言ってやると承知するのですが。
信繁の到着時、漁師達が漁場の占有権を争って直訴に来ていましたが聞きおくだけで解決策を出さない景勝に漁師たちは再び直訴に来ますが追い返されます。
領民を助けてやりたいが何も出来ない、と言う景勝に信繁は「今まではお館様を尊敬していたが今は慕わしく思っています」と信繁。ここは感動する所なんでしょうね。

信繁を伴って浜を通りかかった景勝ですが漁師達は自分達で解決すべく鉄火起請を行おうとしていました。
熱した鉄を素手で運んで火傷しなかった方が正しいと言う「くがたち」から来ている神の前での解決方法ですね。
信繁は知恵をつくして事態を解決、景勝の信頼は益々厚くなりました。

その後景勝の口利きで兼続は沼田を返す事を約束。
昌幸が沼田を手放すようならかえって疑っていたと言います。

上杉を味方につける事に成功した真田は徳川に手切れを申し送ります。
そして徳川は7千の軍勢を上田に差し向けます。迎え討つ真田は2千!
上杉から僅か百名ですが助勢をつけて貰えた信繁と三十郎は真田へと向かうのでした。
人質を帰してやるなんて本当に太っ腹ですねえ。
思いっきり良い人の景勝さんとそれを支える冷静な兼続の関係の説明回のようでした。

そうそう梅が女の子を無事出産。
すえと名づけられたこの子を巡って認めたくないけれど可愛がりたい薫さんのコントがありました。

本放送が日曜なので食事の準備中だったり食事しながらだったりで中々通して見られず、判らなかった所は録画を見ながら感想を書いています。
そのせいで見ている私に緊張感が欠けるのか、放送前の期待が大きすぎたせいかわかりませんが、評判の良い割には私には今いちなんですねえ。
次回は上田合戦、一寸期待していますけれど。

« 鉄分不足 | トップページ | ニッカのCM他 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄分不足 | トップページ | ニッカのCM他 »