« 真田丸 第9回 | トップページ | 真田丸 第11回 »

真田丸 第10回

第10回 妙手

徳川と北条が和睦をした事で窮地に立った真田ですが、室賀も大激怒、昌幸を責めて立ち去ります。

信尹の抗議に徳川は昌幸を招きますが昌幸は病気と称して信幸を派遣。信繁と信尹が同行します。
浜松城へ乗り込んだ信幸は上杉への虚空山城への備えとして海人淵への築城を求めす。 了承する家康ですがその代わり沼田を北条へ引き渡すようにと言いますが信幸は拒絶します。 殺気立つ忠勝らですが、信尹はこの件は持ち帰らせて頂くと場を収めます。

宿舎へ帰ってのびている信幸がおかしい!交渉の座で一々殺気立つ忠勝の事を苦手じゃと愚痴を言います。 婿舅になる事を承知している視聴者へのサービスでしょうか。

昌幸はあっさり沼田を手放すと言いますが城代の叔父矢沢頼綱は承服せず北条の使者を切り捨てます。 当然沼田城を囲む北条ですが昌幸は援軍を送ろうとせず、窮地打開の為再度上杉と手を結ぶ事を考え、信繁にすべてを任せます。

上杉に乗り込む信繁ですが当然直江兼続ら上杉は激怒。
しかし景勝は話を聞こうと言います。
景勝さん良い人過ぎです・・・
信繁の話とは、真田側が虚空山城を攻めると見せて退却、上杉が勝ったとの流言を広めるという 戦争ごっこの提案でした。

提案に乗った上杉。
信繁が単騎城門前へ行き守将の兼続と無言で確認、対峙した両軍法螺貝を吹き鳴らし鬨の声を挙げそしてさっさと退陣する真田とこのシーン中々見せましたね(笑)

上杉勝利の噂は瞬く間に広まり北条は兵を引きます。
そして徳川に解決を迫りますが、秀吉ら西の情勢が気になる徳川ではこの沼田問題を持て余しています。
正信はあっさり昌幸に死んで貰いましょう、と言い放ちます。 どうやら室賀さんが使われるような話の成り行きです。

一方信繁と梅の間には子が出来たようです。一体何時の間に?? 次回は「祝言」だそうです。
この時代の事にはうといのですが梅程度の家の娘と関係しても正式に結婚したのでしょうか。
このドラマ、しっかりした時代考証の先生方がついていらっしゃるので次週疑問は解けるかも知れませんけれど。一寸した疑問でした。

今回は信繁兄弟がメインで出番が多くやはり活気づきますよね。
昌幸さんは素敵ですが一応信繁が主役なんですから。
あいかわらずお兄ちゃんの人は苦手ですけれど。

それと上杉景勝さんが良い人過ぎて。
景勝が信繁をとても気に入っていたのは史実ですがそれにしても・・・ 私としては景勝は最大の仇なんですもの。景虎さんを殺した人ですからね。
early teensの頃から数十年の憧れの人の恨み!
これはドラマで玉山さんが景勝を演らない限り消えないわ(笑)
まあこれは冗談半分ですが、直江兼続の「愛」が愛染明王の愛の解釈みたいで少しほっとしています。 兜の愛の前立が現代の「愛」の解釈では気分悪かったですからね。

« 真田丸 第9回 | トップページ | 真田丸 第11回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第10回:

« 真田丸 第9回 | トップページ | 真田丸 第11回 »