« 消息が・・・ | トップページ | 真田丸 第10回 »

真田丸 第9回

第9回 駆引

前回余りの昌幸さんの駆け引きの凄さにいささか辟易気味でしたが、今週もまだまだ続きます。
北条が甲斐へ兵を向け焦る徳川。
本多正信は真田を抱きこむ事を提案します。

上杉は計られたと怒り信尹を捕らえようとしますが信尹は早くも逃亡。
その真田では春日調略の事で父昌幸についていけないと信繁は落ち込んでいます。
信幸はすっかり父に心酔、なんだか逆になってしまったようですね。

落ち込んでいる信繁に父内記に言われてきりが部屋を訪ねます。
が信繁はきりに関心を向けず出ていってしまいます。
出会った作兵衛と共に彼の家へ行き梅と話し合います。
春日の件で戦をしなくて済んで良かったと言う兄妹、「又戦はいやでございます」の言葉が出るのか」と、身構えましたが農地を荒らされなくて済んで、親しい人が死ななくて、と言う二人の言葉には説得力がありましたね。一寸ほっとしました(^.^)
梅に癒される信繁ですが、きりさんとはどうやって心を通わせ合うようにするのかしらん。
今の所まず無理なような。

昌幸は国衆による信濃統治を計りますが中々うまく行かない。
しかし強硬だった室賀正武は武田の領地を北条に取られたくないという昌幸の言葉に国衆による統治に賛成します。
同郷だのと急に物分りが良くなって・・・
これから起こる事を考えるとどうして良い人にしちゃったんでしょう。
今から胸が痛いです。

国衆統治がまとまりそうになりましたが、しかし出浦は昌幸に大名になるようけしかけます。
悩んでいるところへ徳川から味方につくようにとの書状が届きます。
徳川に味方して、いずれは大名になると宣言する昌幸に国衆統治はどうするの、と驚き呆れる信幸です。

昌幸は信尹を徳川に派遣、沼田を真田になど有利な条件を取り付けます。
北条を攻めるには小諸城を押さえt補給路を断つと信繁が提案。北条は不利になった戦況を立て直す為に徳川と和睦する事に。
徳川と共に北条を攻める事になった真田ですがそこへ徳川と北条が和睦、手を結んだと言う知らせが入るところで今回は終わり。
徳川と北条の戦いがあっけなく終わって昌幸はどうするのか。真田の立場は・・・

まだ暫くは昌幸が主役なんでしょうね。
兄弟の影が薄いですね。
ストーリーの展開上だけでなく存在感が薄いのよね。
二人とも似た感じで武将らしくないのがかなり気になる私です。
どちらかをもっときりりとした人にして欲しかったわ。
まあ堺さんはまだ10代と言う事でいずれ良くなるかなとは思いますけれど。

« 消息が・・・ | トップページ | 真田丸 第10回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

nanohanaさん
こんにちは!

先日、余市のニッカ工場に玉山さんが来ていたとの
情報がありましたね。
そこで私、行ってきました。
何かひとつでも目新しい情報がないものかと。
例えば、周りにいたお客さんや、或は職員や売店の
店員さんとの写真のようなもの・・・ありませんでした。

玉山さんに関するものは二種類のポスターとサイン色紙のみ。
ただ嬉しかったのは、ショーケースにタレント3人の色紙があって
その中に玉山さんのがない、おかしいよと思ったら
別のショーケースに、政孝さんとリタさんの写真と並んで
ありました。
やはり、別格でした。

菜の花さんは、ニッカ工場には来られましたか?
何度行っても素晴らしい場所だと思います。

ゆうさん
おはようございます。
余市の醸造所にいらしたんですね。
玉山さんの写真のお話有難うございました。

余市は今はまだ雪の中でしょうか。
私は一度も行った事がないので羨ましいです。
以前小樽迄は何度も積丹へも2度行きましたが余市へは一度も行っていません。
いつもレンタカーでドライバー役が必ず飲むであろうパートナーなので^_^;
マッサンで深いご縁が出来るとわかっていたら必死にハンドル握って帰って来たと思いますけれど(^^♪

政孝さん、リタさんと並んで飾ってある玉山さんに会いに是非行きたいと思っています。
余市のCM、TVCMだと良いですね。

又お寄り下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 消息が・・・ | トップページ | 真田丸 第10回 »