« おめでとうございます | トップページ | 真田丸 第15回 »

真田丸 第14回

第14回 大阪
いよいよ舞台は大阪へ!秀吉登場です。
上田決戦に勝ったけれど徳川の脅威が去った訳ではなく、昌幸は捕らわれている信尹に重臣石川数正の調略を命じます。
信尹にそそのかされた数正は羽柴方に出奔、機密のすべてを知る彼の寝返りに家康は激怒狼狽します。
その時に大地震が!天正の大地震ですね。あの帰雲城が埋没してしまった・・・
この地震で秀吉にも打撃、徳川方と戦う事に消極的になったようです。
信尹の手腕を高く買った家康は何もかも承知の上彼を家臣にします。
お二人の芝居は良かったけれど、信尹はかなり前から徳川の家臣だし、数正の出奔だって他にあると思っていたので、一寸素直に感心出来なかったわ。

この時期秀吉は豊臣の姓を朝廷から賜り関白になっていて、全国の大名に上洛を促します。
小田原の北条氏政ははっきり敵対を口にして無視。
昌幸はとりあえず様子を見る事にします。
この時、大名でもない父上のところに何故?と三度も繰り返す信幸とのコントが。

上杉家では家を守る為上洛を決意する景勝は信繁を同行させます。
家の為苦渋の決断をする景勝と直江兼続の芝居、見せ場なんでしょうけれど。

一方梅の子すえを育てる決意をしたきりですが早くもお手上げ。すえは作兵衛だ育てる事になります。
泣きやまないすえに一緒に大泣きするきりちゃん、可愛かった。
そのきりを気遣った父内記のはからいで彼女は信繁に同行して大阪へ。

景勝一行を出迎えたのは石田三成でした。
愛される三成になるらしいけれど、今の所かなり厭なやつです(~o~)
景勝一らより待遇で差別され続けた信繁は大阪へ着いてもきりとともに三成の屋敷に泊まる事になります。
その夜、大声で文句を言いつつ廊下で寝込んでしまうのが加藤清正。
新井浩文さんでした。
この清正は小日向秀吉とともに一寸楽しみかも。

信繁はやっと秀吉に会える事になり大阪城へ。
そこで出会った天真爛漫な女の子はのちの淀君、茶々でした。
竹内結子さん登場でしたが、流石に少女役は無理がありすぎですね。
散々辛い思いをした筈なのに、両方の意味で今の所この茶々さんは一寸。
官兵衛の魅力のなかった淀さんよりは増しですけれど。

おおよそ三分の一を終わった時点で、何だか見るのが疲れて来てます。
完走できるかどうか自信がありません。

女の書き方に同調できないのも一因かと思います。
前の朝ドラ「あさが来た」がはっきり女性、特に主婦層に的を絞ったのと反対にこのドラマも男性向けに焦点を当てているのかな、と思うようになりました。
それとも独特の三谷ワールドに馴染めないのかも。

« おめでとうございます | トップページ | 真田丸 第15回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おめでとうございます | トップページ | 真田丸 第15回 »