« 真田丸 第14回 | トップページ | 真田丸 第16回 »

真田丸 第15回

第15回 秀吉

タイトルどおり秀吉と周辺の人間関係をすべてに信繁を絡ませての紹介でした。
景勝との対面をすっぽかし秀吉は信繁を連れおしのびで遊里へ。吉野太夫の舞を見物。
福島正則も同席です。
お忍びはあっけなく三成に発見され、秀吉は信繁のせいにしてしまい信繁もそれに合わせるコント仕立ての一幕がありました。

三成は信繁を酒の席に誘います。そこに同席したのが大谷吉継さん。
信繁は何故自分に冷淡だった三成の態度が変ったのか吉継に問い、彼は殿下が気に入ったから、と答えます。
何事も秀吉絶対の三成を端的に表現しています。
この大谷刑部ですが、病気ではなかったとするのか、あるいはこれから発症するのか素顔でしたね。
有名な茶会でのお話は無いのですね、それでもとても親しいようでした。

景勝はやっと秀吉と対面、ふさわしい官位と領地を安堵されます。
しかし家康に手を焼いている秀吉から真田に肩入れは無用と言い渡されます。
景勝が本心から従う気になのか、見極めたい秀吉は利休に確かめさせる為茶に招きます。信繁も同席させられます。
無言で見極めようとする秀吉と動揺を押し隠そうとする景勝。
小日向秀吉も遠藤景勝も中々良かったです。
今までで一番苦い茶であったとの一言で景勝の複雑で苦しい心中を語らせています。

信繁の衣装を届ける為城内に来たきりは琵琶の実を抱えた青年に会い、琵琶をお寧に届けるように頼まれます。
青年は秀吉の甥の秀次でした。この秀次は人の良さそうな青年に書かれています。
彼はきりが気に入ったようです。

信繁は茶会のあとも秀吉の会議に同席させられます。
そこへ遅れて来た秀次、
ここで太閤検地の話が出ます。
年貢を収めるのに枡の大きさがばらばらでうまく行かない、どうすれば良いのか問う秀吉。
秀吉は秀次を跡継ぎとして育てようとしているようですが、秀吉の問いに答えられない秀次。
正解を出す信繁。
信繁と三成の優秀さとの比較一寸かわいそうでした。

その後信繁は秀吉に連れられて茶々の所へ。天正カルタで神経衰弱で遊びます。
茶々は母を直接殺した秀吉に対する様子があまりにあっけらかんとしているし、又苦労した様子も見えない。
しかしカルタの最中近習に目をやる茶々に気づいた秀吉の視線が怖い。
茶々はわざと挑発しているのでしょうか。
今後変って行くのかかなり不思議な感じです。

そしてきりはお寧に秀吉の家族の集まりに招かれます。
実子のいない秀吉は親族を大事にしました。
大政所や弟の秀長はじめ親族の加藤清正、福島正則などふかした里芋を食べながらの和やかな光景ですが、ナレーションが秀次と今はまだ幼い後の小早川秀秋の後の運命を語りました。
この二人、特に秀次の辿る運命を思うと胸が痛みます。
この頃が豊臣家の幸せの絶頂だったのかも知れませんね。

そうでした。上田では昌幸がまだ上洛をためらっています。
信長で懲りた事もあってですが、昌幸の知略にかげりが出て、二人の子に世代が交代する序章のような今回でした。
そして昌幸は信繁ばかりでなく信幸の事も気にかけてくれるように言う薫に信幸の出番はまだ、時代が安定してからだと語ります。
自身と信繁が乱世に生きる人間だと言うように。

今回秀吉に絡んであらゆる所に顔を出す信繁、主人公だからと言うだけでなく秀吉の多面性を書くのに上手に使ったような気がしました。
そして信繁が今後豊臣家の為に命をかけるようになるのは何故かなど面白くなると良いのですが。

* 九州地方の大地震に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
ささやかな募金と祈る事しか出来ませんが、一日も早く落ち着いた暮らしに戻る事ができますように祈っております。

« 真田丸 第14回 | トップページ | 真田丸 第16回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真田丸 第14回 | トップページ | 真田丸 第16回 »