« 真田丸 第15回 | トップページ | マッサンロス・・・今頃 »

真田丸 第16回

第16回 表裏

景勝が自分をおいて帰国した事を知り驚く信繁。
彼は欠員の出た秀吉の馬廻衆に加えられます。
その欠員とは前回秀吉が茶々の視線を気にしていた近習権三でした。
片桐且元に案内された詰所で信繁が会ったのは七本槍の一人平野長泰でした。
平野から茶々の関心があった権三への秀吉の嫉妬から加藤清正に井戸に落とされて殺されたと聞かされます。

秀吉が千利休から舶来の帯をお寧と茶々の為に買い求める場面があり、秀次が意外にセンスの良い事がわかったりしますが、帯を届けに行ったお寧の許で侍女をしているきりに出会います。
秀次も秀吉もきに関心がありそうですが、何の為?今後ストーリーに絡んで来るのでしょうか
秀吉はお寧に間もなく九州征伐に行くので人質として預かる大名達の妻子の面倒を見るようにと言います。
このお寧さんは今まで登場した女性の中で唯一まともです。
鈴木京香さんおっとりと美しく素晴らしい!

信繁は三成から上田に送った筈の書状を何でも書いていいものでは無いと返されます。
今後諸大名は秀吉の許可なしに戦闘は出来なくなった事も。
更に書庫で城の見取り図を暗記するように言われ信繁ですが、なぜか聞こえるような所で三成と大谷吉継の堺に対する密談があったりします。
利休の身辺が危うくなって来てるみたいです。

茶々に呼び出された信繁は大蔵卿局に彼女が何故権三の死を悲しまないかと尋ねますが局の「あの方は悲しむ事をやめた」と言われます。茶々の過去は何も説明がありませんが見ている者が当然知っているものとして話は進んでいます。
帰りに井戸を見た信繁が覗いていると清正が現れお前も殺してやると言い揉みあっている所を秀吉の弟秀長に助けられます。
急な出世に追いついて行かれない豊臣一族の事を話す秀長、この人が生きていたら後の豊臣家の悲劇は無かったと言われる温厚な人柄の説明?

徳川家に攻められる真田の危機を救おうとする信繁と上田の真田の様子など。
浜松の徳川では本田平八郎の娘、後に信幸の妻となる稲が登場しました。

昌幸が中心で無くなって急に興味が薄れたのは私だけでしょうか。
どうしても主役兄弟に魅力が感じられないません。
吉田羊さんの登場で思った事ですが皆まだ10代を演じているわけでそこがとても不自然に見えてしまう。無理にティーンの演技をしなくても良いのにと思ってしましまうのでした。

それと七本槍の説明もなく、もっとも合戦そのものを書いていないのですから仕方が無いのですけれど色々と歴史に詳しい人向けの作りに徹していますね。
次回真田の危機を救う為危険と知りつつ茶々に近づく信繁を暗示して終わりでした。

何だか前回と同じような、信繁を絡ませた豊臣家と大坂城内の説明回のようで一度は良いけれど2回続くと少々疲れました。
私としては次回を待ちかねるほどの面白さがなくなって来ています。

« 真田丸 第15回 | トップページ | マッサンロス・・・今頃 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真田丸 第15回 | トップページ | マッサンロス・・・今頃 »