« 真田丸 第13回 | トップページ | おめでとうございます »

素敵な選TAXIスペシャル

誤断以来のお久しぶりのドラマでした。

私は見た事がありませんでしたが竹之内豊さん主演の連続ドラマのスペシャル版と言う事です。
竹之内豊さん扮する枝分はタクシーの運転手ですが彼の運転するタクシーは過去に遡る事が出来るのです。
温泉を訪れた枝分がそこで様々な理由で過去へ戻ってやり直したい温泉の宿泊客に出会うお話です。

かつてはプロ野球の球団エースだった駒谷は力の衰えから引退の危機にありトレーナーの向井と自主トレに来ています。
女性ファンの前で張り切りすぎて神社の石段を踏み外し今季絶望の大怪我をして枝分のタクシーで怪我の前に移動するのですが。

入籍を来週に控えて温泉旅行に来た光雄と美緒。何故か婚約解消を切り出す美緒、慌てた光雄は枝分の助言であれこれ考え、失言に思い当たり彼のタクシー失言前の時間まで遡ります。

もう一組、中学校の修学旅行を引率して来た担任の金子八重子。受け持ちの女生徒が旅館からいなくなった事からこれも枝分のタクシーで過去へ。
そして一人旅の中年男窪田、この3組と一人が絡むドタバタ劇でした。
もうご覧になった方ばかりでしょうから簡単なご紹介で(~o~)


どの組も一度では解決できず何度も過去へ遡りその度に繰り返される大騒ぎ。
大笑いしたところも結構あって、まあ面白かったと言っておきます。
玉山さんは盛りを過ぎた冴えない投手の駒谷。
何度も骨折してその度に過去へ戻るのですが全部「自損事故」と言うのが笑わせますね。
おまけに損保のCMが入ると来てはね。
すぐに出番が終わってしまい何だか扱いがーと思っていたら最後に見せ場がありましたね。
でもそれも彼が何かしたわけで無く偶然の出来事だったと言うのも可笑しかったですけれどね。
そういう役ですからすっきり格好良いとは言えないけれど^^;
劇中で彼の今までの経歴を新聞記事で紹介していて本物そっくりに作られたスポーツ新聞の一面記事。
そして最後のお手柄を伝えるこれも一面トップの新聞記事。
その写真の玉山さんが一番格好良かった・・・
本物でなくても良いからあの新聞全部欲しいです(^.^)

トレーナー役の宇梶さん、何度も見ていますが大きいんですね。玉ちゃんが華奢に見えてしまいました。
教師役の丸山智巳さんも窪田役の松重さんも背が高く、竹野内さんに玉山さん、とまあ見事でした。

久しぶりのドラマでしたが出番少なくて鉄分不足解消にはまだまだ・・・
大きなお仕事の話はないのでしょうか。
あの伊豆山神社にお参りにでも行ってこようかしら。

最後に。
ドラマの中でニッカのCMの30分バージョンが流れました。
やっと捕まえる事が出来てこれが一番嬉しかったかも^_^;
私は素の玉山さんより何かを演じている彼が大好きなんですが、今回のニッカのCMの玉山さんは素に近いと思われますがどれもみんな大好きです。

Ta13a  Nc9a

« 真田丸 第13回 | トップページ | おめでとうございます »

TVドラマ」カテゴリの記事

CM」カテゴリの記事

コメント

菜の花さん、こんにちは。
素敵な選TAXI面白かったですね‼
エピソードというよりはほとんどコントのような役割でしたね。最後に見せ場があって落ちとしては最高でしたし、出番が少ないわりには美味しい役だったんじゃないかと思います。本人も楽しんで演じる事ができたのでは…
30秒CMも嬉しかったですね。
ただ、これっきりお仕事の情報がないのは辛いです。本当に何をしてるんでしょうね。
たまたま読んだ雑誌に渡辺謙さんのインタビューがあり、30代後半から思うところがあってしばらく仕事を厳選し、何年か仕事が少ない時期があったと書いてありました。玉山さんも厳選してるんですかね。もともと仕事を詰め込むタイプではなさそうですが。
気長に待つしかないのでしょうかねぇ。


ゆきさん
こんばんは
コメント有難うございます。

久しぶりのドラマ、面白くて本当に良かったです(^^♪

お仕事情報ありませんねえ。
謙さんのお話興味深かったです。
仰るように今までも余り次から次へとお仕事する人では無かったけれど
今回は長すぎるというか。
誤断以外はお付き合い程度の出演なので満足度が・・・
マッサンで知名度が上がって期待しすぎた方が悪いのかも、などと思ったりして。

何か大きなお仕事を控えているのなら嬉しいのですけれど。
マッサンの時も待ちくたびれた時に発表があったように・・・

菜の花さん、こんばんは。
「選TAX」I面白かったですね。
玉山さん全然かっこよくなくて。マッサンや劉と同じ玉山さんが演じているのに、同じ顔なのにかっこよくない。でもそこがすごいです。無理にやっている感がない。だから他の方の演技にも厳しい目で見てしまうんでしょうね。
他の人気がある俳優さんでも演技していると感じるとダメですね。
もちろん玉山さんも演じているですが仕事に対して一歩踏み込んで見えるんです。
それとは別に事務所としての売り方は相変わらずですね。ある意味。玉山さんの考え方のでもあるんでしょうね。素人の私から見てもどうにかならないものかと思います。
しかしそのわきの甘さに「マッサン」を感じでしまうから、困ったものですね。
それくらい「マッサン」が大きかったですね。

toyoさん
こんばんは
コメント有難うございます。

ドラマ面白くて本当に良かったです。
格好良くないのに、でもとても魅力があって玉山さんの本領発揮でした。

仰るとおりさまざまな顔をごく自然に見せてくれる、
そしてどんな役をrんじていてもどこか暖かさが見える・・・劉のような役でも。
マッサンはまさに彼でなくては出来ない「可愛げ」のある人になっていたと思います。
今度はどんな顔を見せてくれるかと、そこが彼から離れられない所でもあるんですね。

まあそれにしてもお仕事の情報ないですねえ。
いつもの事ですけれど(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真田丸 第13回 | トップページ | おめでとうございます »