« 連ドラ出演! | トップページ | 浅香航大君のスタパに! »

真田丸 第19回

第19回 恋路

恋・・・茶々と信繁、秀吉と茶々、そして恋では無いけれど信幸と稲のお話がメインでした。

茶々は信繁を誘って入るのを禁じられている武器蔵へ。
甲冑や武器の並ぶ蔵の中で始めて彼女の辛い過去を語ります。
さりげなく他人事のように。

秀吉は寧の膝の上で茶々に惚れてしまったどうすれば、などとぬけぬけと言っています。
呆れながらも相手をしている寧さん素敵です。

一方家康は真田家の動向を監視する為本多忠勝の娘稲を養女にして信幸の妻として送り込む事を考えます。
渋る忠勝父娘ですがこれは断れる話ではありませんね。
一方真田家でもすでに妻のいる信幸は困惑しますがこれも断れる状況ではないのでしょうね。
昌幸は妻のこうはさとに返すと言っていますが側室とされたと言う説もあるようですね。

大坂城内では茶々と信繁の親密さが噂になり秀吉に詰問されますが信繁の否定で収まります。
しかし噂を信じた加藤清正は信繁を付け回し困った信繁がきりに頼んで秀次に助力を頼むシーンも。
この時秀長が病気である事が秀次から語られます。
清正は九州に派遣され、信繁は難を逃れますが、大谷刑部は九州が明へ進攻する足がかりだと言い、先への展開の説明が入ります。

この方いつも書庫にいらっしゃいますが何をなさっているのでしょうね。

聚楽第に移った茶々は秀吉の前で又蔵に行こうと口を滑らします。
「又」を聞きとがめた秀吉の怖かった事。

秀吉は一転信繁の前で茶々に側室になるよう口説き始めます。
今まで見てきた恐ろしいものの何倍も美しいものを見せる、などなど。
茶々は側室になる事を承諾します。
決め手になったのは「死ぬ時に日の本で一番幸せな女だったと言って欲しい」という言葉でした。
「私言ってみたいと思いました」と大蔵卿局に茶々は言います。
中々良いシーンでした。
でも今の茶々の立場として他に選択肢があったでしょうか・・・

側室に決まった茶々ですが満開の桜の下、信繁の手をとって今は離れても又あなたは戻って来る。そして同じ日に死ぬのと言うのです。
否定しないで遠い先であることを祈りますとかわす信繁です。

茶々から貰った山吹の押し花を見つめる信繁をみてきりが押し花を取り上げあっと言う間に呑み込んでしまいます。
信繁が最後の日まで持っていてこのシーンが回想で入るのかと思ったのでこの経過には吃驚しました。
良いシーンだったのに。さすがコメディ大河。

私としては今までで一番見ごたえがあった回でしたが、それでも余り面白くない。
主役はじめ俳優が実年令よりかなり若い役をやっていて不自然に見えるのです。
吉田羊さん、木村佳乃さんが10代は苦しすぎます。
竹内さんも不自然でしたが予告の茶々は中々良かったし。
無理に若く見せる演技はやめた方が良いと思います。気にしないと言う人もいるけれど。

例外もあります。秀次役の方、相当若い役を演じていますが気になりません。
初めてお目にかかりましたが素敵です。

後半の新キャストで吃驚な発表が。
幸四郎さんが38年前の大河黄金の日日で演じた呂宋助左衛門で出演だそうです。
両親の解説付きでしたが黄金の日日はかなり夢中になって見たので良く覚えています。
何と言っても近藤正臣さん。この時以来石田三成は今でも近藤さんのイメージです^_^;

もうお一人、岡本健一さんも毛利勝永で出演。
これは楽しみです。
独眼竜政宗の小次郎役は今でもはっきり覚えています。

後半、主要人物が役の年令に追いつくのを楽しみに待つとしますか・・・

« 連ドラ出演! | トップページ | 浅香航大君のスタパに! »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 連ドラ出演! | トップページ | 浅香航大君のスタパに! »