« 真田丸 第20回 | トップページ | 離婚弁護士 »

真田丸 第21回戦端

今回は関東、奥州以外は手中に収めた秀吉が北条に対し、上洛する事を要求する所から。
家康と三成は戦いを避けたい様子です続いた戦乱で軍が疲弊していて今は誰も戦いたくないんですね。
が秀吉は征伐を決意。三成と大谷刑部は誰かの入れ知恵を疑いますが陰に千利休の助言があったのでした。

なおも戦いを避けたい三成は北条に上洛を促します。
家康自身も氏政に会い表面上頭だけ下げておくだけで良い、と上洛を勧めます。
誠意をもって説きしかし最後にはちらりと氏直に嫁がせている娘を返してもらう事になるかもなどと言ってみたり。

氏政は上洛の条件として沼田の返却を要求します。
そのため昌幸も上洛させられる事になります。
秀吉の前で家康が立ち合い北条と真田が話し合うことになりますが、氏政が上洛を拒否。
重臣の板部岡江雪斎が名代として上洛して来ます。
北条が来ないのなら、と昌幸も信繁を名代に立て、それを聞いた家康も本田正信を名代に。
こうして全員が名代の裁定が秀吉の前で行われる事になりました、と言うのが今回のメインでした。

その他、寧と茶々、阿茶局のお茶の時間があり、子を産んで自信がついた茶々の様子とか、間に入ってはらはらする阿茶様子など。
寧の寂しそうな表情が切なかったです。

切ないと言えばもう一人、秀次です。
跡取りが生まれて落胆しているのでは、と噂されていますが、きりに実はほっとしていると打ち明けます。
伯父が出世した為についた地位に追いつかない自分を語る秀次は本当に好青年に書かれています。
実際でも所領地では善政を布いたと言われ居城のあった近江八幡市には今も彼の作った堀川が残っています。
身の丈に合った生涯を送れなかった・・・
秀吉にもっと早く世継ぎが生まれていれば狂わなかった人生なのに・・・
すぐ前に来ている悲劇をどう書くんでしょうか・・・
演じている新納さんも良いしとても気になります。

あと上田の信幸と稲の新婚生活も。
うちとけようとしない稲と何度も訪ねてくる舅の忠勝に振り回される信幸の様子がコメディタッチで紹介されます。
まあ面白いと言えば面白いけれど。この信幸さんは私はかなり不満です。
稲と出会ったエピなどでもにもあるようにもっと凛!としたイメージがあるのでどうしても馴染めません。
ドラマ自体、主人公の信繁が後半・・・それも晩年の活躍しかわかっていなのですから、毎回それまでのいわば壮大な予告編を見せられているような感じを受けてしまうのです。
ちょっとおかしいのかしら(+_+)

« 真田丸 第20回 | トップページ | 離婚弁護士 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第21回戦端:

« 真田丸 第20回 | トップページ | 離婚弁護士 »