« 浅香航大君のスタパに! | トップページ | 真田丸 第21回戦端 »

真田丸 第20回

第20回 前兆

今回は松を伴った真田家一行が上田に帰って来たシーンから。
母馨と祖母とりと松の感激の対面、それを見てこれから又皆で暮らせますねと言うこう。

そのこうに離縁を告げる信幸、徳川からの縁談で真田家としては断れる立場ではないと。
この時のおこうさん、いじらしくて一寸うるっと来ました。
こうにこの事態は自分は反対だが信幸が望んだとしらっと言う昌幸、これ必要だったのかしらね。


結局こうは真田家の奥の侍女として残る事になります。
とりにとってこうも孫娘ですからこの展開は納得かな。

そして京では
寧と茶々、そして阿茶局の3人がお茶してると言う珍しい場面がありました。
阿茶局が察したとおり茶々は懐妊していました。
聚楽第の壁にその懐妊を揶揄する落首が書かれ激怒する秀吉の狂乱ぶりが。
処罰の事実は概ね事実に即していますが事実はドラマに書かれたよりもっと残酷でしたけれど。

秀吉54才、以前姫路にいた時男子が側室に生まれていますが(このドラマではその事実は無いことになってます)、秀吉自身この妊娠は半信半疑だったんでしょうね。
その落首の犯人を信繁が推理する一幕がありました。

この時期信繁は歴史の表舞台には全く出て来ないの仕方がないのでしょうが無理に絡ませず傍観者としての彼の目線で書けなかったのかなと思ってしまいます。
この処罰をめぐる騒動を収めたのは寧でした。
寧に秀吉は人が変わったのでなく若いころから冷たく怖い人だったと言わせていますが、そうかな・・・
人を殺さないので有名だった秀吉です、やはり人が変わったとしか思えないですけれど。

この騒ぎを通して秀長の病気、秀吉の前で何も言えない秀次など豊臣家の状態、そして三成の真実秀吉を思う心などが書かれています。。
吉継や信繁を制し秀吉への諫言を一人で行う三成。
愛される三成像が少し出て来たようですね。

« 浅香航大君のスタパに! | トップページ | 真田丸 第21回戦端 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅香航大君のスタパに! | トップページ | 真田丸 第21回戦端 »