« 離婚弁護士など | トップページ | 『ブラックニッカ フリージングバー』 »

真田丸 第24回

第24回 滅亡

戦国時代は北条に始まり北条で終わったと言われる関東の覇者北条家滅亡の日の回でした。
北条を滅ぼしたくない家康、吉継から氏政説得の使者として派遣された信繁は小田原城へと潜入。
何とか氏政に会う事が出来た信繁は言葉を尽くして説得します。
秀吉は氏政、氏直を助命する意向である事、更に伊達が秀吉に降り、鉢形城など支城の殆どが落ちたと説得しますが氏政は応じません。
命は惜しくない。出来る事なら徳川、伊達と組み大戦さをして戦国の世に幕を引きたかったと言います。

結局信繁は説得に失敗、前回の終わりに再会した北条の家臣となっていた姉婿の小山田茂誠と蔵の中で姉が無事だった事など話し合うのですがその時鉄砲の弾の材料鉛の板を発見します。

氏直は城を出て降伏、城に残る氏政を家康が景勝、昌幸と共に説得に訪れます。
場面としては盛り上がって面白いのでしょうし、そんな事は無かったと言う証拠も無いので良いかも知れませんけれど・・・
氏政は切腹。小田原は開城しました。
切腹の前に汁かけ飯を食べる場面があり作者はかなりこだわりを持って書いているようですが、切腹の前に何か食べて良いの!と思わず思ってしまいました。

信繁が小田原城から持ち出し吉継に見せた鉛板には利休の刻印がありました。
押収に城に向かいますが鉛はもう利休が持ち出したあとでした。
今までに色んな「利休」が登場していますが、この作の利休はどうも。
堺の裕福な商家の生まれ、茶を極めた人にしては何とも小物感が漂って・・・
まあこういう人だったのかもしれませんけれどね。

一方小田原が開城してもなお降伏しない忍城に焦る三成です。昌幸が卑怯な手を使うがと三成の許可を得て氏政が降伏したとの噂を城内に流し忍城は開城します。
三成は昌幸にそういうやり方は嫌いだが戦の何であるかを教えてくれと言います。
これも今までになかった三成さんですね。

秀吉は宇都宮城でいわゆる宇都宮仕置きです。
真田は本領安堵、徳川の与力からも解放されます。
昌幸は伊達、上杉、徳川と組んで秀吉と戦う事を目論むのですが、期待をかけた政宗は秀吉の前で自ら餅を搗き、秀吉ご喜んで餅を搗くとこれこそ天下餅、と追従します。
見事な道化振りで昌幸は落胆。

そのあと、たまたま政宗に会った信繁は氏政は伊達を待っていたのに、と言うのですが、政宗はここで本音を語ります。
もう20年早く生まれていれば、もう少し京に近く生まれていれば天下を取れたのに・・・
プライドを守って死んだ氏政と、誇りを捨てて生きる道を選んだ政宗を対比させた回でした。

面白い、と中々評判の良いこのドラマですが私には今いち。
何もかも関ケ原以後、信繁が正史に晴れて登場する迄の「予告編」と思って見れば黒田官兵衛の登場のないのも頷けるけれど。
三成の書き方とか良いと思う所も色々ありますし、普通の時代劇として見ればこのような変化球も何と言う事もないのでしょうが、やはり大河となると・・・「武田信玄」や「独眼竜政宗」のようなストレートを期待してしまうのです。
コメディ要素が多すぎるし、あってもおかしくないと言う事でなんでも許されてしまうと言うのもね。
まあ好みの問題でしょうけれど。

« 離婚弁護士など | トップページ | 『ブラックニッカ フリージングバー』 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 離婚弁護士など | トップページ | 『ブラックニッカ フリージングバー』 »