« 離婚弁護士 | トップページ | 離婚弁護士2ハンサムウーマン »

真田丸 第22回

第22回 裁定
今回は法廷ドラマ・・・
原告の北条の板部岡と被告の真田信繁がそれぞれ領有権を主張します。
先に沼田を所有していたのは北条との主張に信繁はそれなら元々所有していた上杉に返すべきだと反論します。

休憩中板部岡は信繁に「これは戦だと思っている。こうして議論する事で本当の戦をしないで済む」と言います。
皆戦は避けたいと思っているのですね。
再開した法廷・・
飽きちゃった秀吉は秀次に後を任せて退廷、いえ退場。
とうとう裁判長までが代理になっちゃいましたね。
審議の場で徳川が双方に沼田の領土権を認める起請文を書いた事がわかります。
しかし本田正信が徳川は「奪いとるなら好きにせよ」と言っただけと、証言。
そして秀次が「ずっと気になっていたが奪い取るにしろ、譲りわたすにしろ沼田が真田のものである事を認めているのではないか、北条のものなら奪い返す、取り返すと言うのではないか」と淡々と発言。
秀次さん只のお人よしの坊ちゃんじゃなかったのね、良かったです。
でもこんなにお気に入りになってしまった秀次さん、先がもう見たくないような・・・

信繁は正信に何故味方してくれたのかと尋ね正信が懸命に戦っている若者には手を差し伸べてやりたいと答える場面も。
事の経過に喜ぶ昌幸と信繁ですが、三成から戦いを避け北条を上洛させる為に沼田を譲ってやってくれと頭を下げられます。
昌幸は名胡桃城を残すのを条件に承知。
秀吉の裁定は名胡桃城を含む三分の一を真田に、沼田は北条領にと決定します。
裁定の結果に氏政は不服、上洛も拒否、2万の大軍を沼田に差し向けます。
沼田でも不服の城代矢沢頼綱の抵抗する場面も。
この城を守る為に死んでいった者に申し訳ないという頼綱の心情は一寸ジンと来ましたね。

落着したかに見えたこの件ですが、北条沼田城代が名胡桃を攻め落としてしまうのです。
真田では信幸がどうするか京の昌幸へ佐助を差し向けますが、たまたま滞在していた舅の本多忠勝が手を貸すと申し出ますが、信幸は口出し無用と退けます。
忠勝は信幸の態度が大いに気にいります。
このドラマで初めて見る凛とした信幸さんでした。
元々忠勝が信幸を気に入って娘を嫁がせたいと言ったepisode があるくらいですからね。   
やっと私の持っていたイメージ通りの信幸さんになりました。

昌幸は名胡桃を奪い返す許可を秀吉に願い出ますが秀吉に儂に預けろと言われてしまいます。
その前に世は変わってしまったのです、と信繁に言われる昌幸がなんとも悲しかったです。

三成はまだ北条の上洛に望みをかけています。
しかし手を尽くしたのに上洛に応じない北条にとうとう秀吉は北条攻めに踏み切ります。

来週はいよいよ舞台は小田原になるのか・・・
三成、大谷刑部そしてたしか真田も忍城攻めに回ったと思いますがどう書かれるか、このドラマではじめて次回が待たれます。

« 離婚弁護士 | トップページ | 離婚弁護士2ハンサムウーマン »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 離婚弁護士 | トップページ | 離婚弁護士2ハンサムウーマン »