« そして誰もいなくなった 番宣など | トップページ | 悪役をやりたい? 復讐するは我にあり »

真田丸 第26回

第26回 瓜売

鶴松の死に失意の秀吉は関白を甥の秀次に譲り太閤となります。
責任の重さに秀次はきりに大勢の側室を見せ、その上で傍で支えて欲しいと側室になるよう言うのでした。
中には姫もいました。後に信繁の側室になる隆清院でしょうか。
きりの返事は父にも相談して、好意的です。
関白なんだから侍女を側室にするのにこんな手間をかけるのか、なんて考えたらいけませんね。
もう現代的な思考で進んでいるのですから。
関白になって公卿の装束になった秀次さん。良くお似合いです(^^♪


秀吉は明を攻める事を正式に発表。
吉継は正気を疑いますが、秀吉は平和になって大名達が反乱を起こさない為に戦う場所を与えると言う確かな意思を持っての事でした。
そう言えば以前清正が九州に領地を与えられた時そのような示唆があったような・・・

前線基地として肥前名護屋に大掛かりな城が築かれます。
大名達は名護屋に参陣。
真田父子も出兵します。信幸は晴れて大名として独立しての参陣です。

地元大名として清正が真田を招待、同じ夜に舅忠勝からも招待されて困惑する信幸のドタバタ劇も。

一方三成と吉継が出兵の細かい事務をとっているシーンがありました。
有能な事務官僚としての三成が書かれる事は珍しいかな。

清正達第一陣が朝鮮へ出兵。
秀吉も名護屋へ到着します。
鶴松を失った茶々を秀吉は呼び寄せます。
そして茶々は再び懐妊。驚喜する秀吉ですが寧と秀次は微妙な反応です。

最初は好調だった戦況は徐々に思わしくなくなります。
秀次の弟で江の夫の秀勝も病死。

この暗い状況を払拭しようと、仮装大会が催されます。
昌幸は瓜売りに扮する事に決めますが何と秀吉も瓜売りに扮する事が判明。
練習に励んだ昌幸を巡ってお決まりのコメディが展開します。
結局昌幸は欠席。
しかし有能な筈の佐助が何故秀吉の仮装を察知出来なかったのか不思議ですね。

秀吉の優勝でめでたしの幕となりますが、うんざりした家康の表情が・・・・
一寸気になった事が。
片桐且元が猿回しに扮していましたが良いのかしらん。
当時秀吉は信長からさると呼ばれてなかったでしょうか。

聚楽第では秀次に男子が誕生。
茶々の子が男だった場合、立場の悪くなるのを危惧する秀次ですが、この子は生後間もなく死亡。
秀次はきりの前で涙します。
息子を失った悲しみからではなく秀吉から疑いの目で見られずに済む、そう思った自分が情けない、と。
秀次さん、良かったですねえ。
秀次にはこの時もう何人も男子がいたなんて言いますまい。
人柄が良く優しく繊細な様子が良く出ていて。
環境さえ変われば良い統治者になったでしょうに。

一方上田城ではとりが危篤状態にあり、秀吉から暇を貰った昌幸父子はじめ一族が集まっています。とりは信幸、信繁兄弟に離れていても真田は一つ、と将来を見通したような言葉を残して息を引き取るのでした。
ここでもとりが一度亡くなったと思わせてまだ!と起き直るなど最後までコメディタッチの展開でした。

そうそう信繁の正室となる竹林院が父の吉継を探しているシーンで姿を見せました。
まだ少女と言う事で幼く見せる演技でしょうが現代風でしたね。

三谷ワールドがお好きな方には楽しいドラマでしょうけれど、コメディの部分が多すぎてやはり私には今いち。
新選組は楽しく見たのに何故でしょうねえ。
今一番のお気に入り秀次さんが退場してしまったらどうしましょう。

それでも関ケ原の時の上田城の攻防、大坂の陣の様子など期待して毎回見ています。

4日のスタジオパークに秀次役の新納慎也さんが出演、高畑さんの司会で楽しかったです!

N_2   N1a_2

« そして誰もいなくなった 番宣など | トップページ | 悪役をやりたい? 復讐するは我にあり »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そして誰もいなくなった 番宣など | トップページ | 悪役をやりたい? 復讐するは我にあり »