« 悪役をやりたい? 復讐するは我にあり | トップページ | フリージアとコラテラル »

真田丸 第27回

第27回 不信

秀吉と秀次。肉親同士の最初は悪意のない些細な感情の行き違いから引き返せない泥沼へと落ちこんでいく、見ていてやりきれない切なさを感じた回でした。

今までの解釈とは違ってこの作の秀吉は甥の秀次を可愛がり何とか引き立てようとする一面を見せます。
良く知られたエピソードが二つ取り上げられています。

関白を秀次に譲った秀吉ですが、拾に九州だけやって欲しいと言います。
秀吉に悪意はなさそうですが、拾が成人したら関白を譲る積りでいる秀次は信頼して貰えないのか、とかえって落ち込みます。

もう一つは縁談です。
秀次を安心させようと彼の娘を拾の妻にと秀吉は申し入れるのですが、秀次は何でも一存で決めてしまうのかと怒り、信じてもらえていないと落ちこんでてしまうのです。
その様子を見て、秀俊が秀吉の好きな能を披露しては、と提案します。

能の名手宇喜多秀家に指南を頼み稽古に励みますが、小早川家に養子に行く事になった秀俊は元気がありません。
厄介払いが始まった、次は自分の番だ、と言う秀次。
当日秀保が熱を出して倒れ、代役に信繁が立ちますが散々の出来。
関白として他にやることがあるだろうと秀吉の機嫌は最悪です。

益々追い詰められた秀次を寧はありのままで良い、毅然としていなさいと励まします。
そして秀吉は信繁に官位をやると言いますが、兄を差し置いて任官出来ないと固辞します。
兄にも官位を!と言うのかと秀吉は激怒します。
そこを救ったのは秀次でした。
官位を与えるのは関白の役目、叔父上ではなく私の決める事です、と。
そして信繁には従五位下を与え、兄の事は調べてから改めて相応しい判断したら改めて与えようと言います。
秀次の毅然たる態度に秀吉も喜び、これでうまくいくかと思われた二人の仲でしたが。

信幸は従五位下伊豆守、信繁は従五位下左衛門佐に任官。
自信を取り戻した秀次は、明や朝鮮の使節を迎える為聚楽第を豪華にしたいなどと語るのでした。
大坂に任官のお礼に来た真田父子に秀吉は弟のおかげで任官出来たと話してしまい、退出した信幸は激怒します。
信繁と信幸兄弟の肉親同士の対立という同じテーマのエピソードが入りますが、こちらは対比させるのに入れたのでしょうか。
ドラマですから仕方がありませんが信幸の描写が私の思っていたイメージと違いすぎて戸惑う事が多いです。
そして人たらしと言われた秀吉はこの作のこの時点ではもう影もありません。
老いからか、激変する態度、秀次達一族の男子を育てて行く寛容さがもう見られないんですね。

昌幸は伏見城の改築を命じられます。がやる気のない昌幸は図面を信繁に押し付けてしまいます。
その絵図を秀次が見てしまいます。隠居城の筈なのに政務をとる場所がある・・・
秀吉に全く信用されて居ないのだと衝撃を受ける秀次です。
秀吉は少しでも関白の激務を助けようとしていたのですが。
更に秀次を絶望させる出来事が起こります。
弟秀保の病死です。
この時拾は3才、鶴松の死んだ年です。
不吉だと秀吉は秀保の死を隠し、葬儀を出す事も禁じます。

この扱いに秀次は不信と言うより恐怖を感じたのでしょう、聚楽第から姿を消してしまうのでした。

秀次を探して駆け回る信繁達を見る秀俊・・・のちの秀秋のなんとも言えない目、関ケ原での彼の去就への伏線かしら。

一寸長々と書いてしまいましたが秀次の悲劇の前夜と言うか・・・見ていて切なすぎる回でした。

今までの秀次と違ってこの作は最近の研究でわかって来た秀次像になっています。
気が弱いけれど優しく、そして教養もある一面が書かれています。
この回でも源氏物語の宇治十条の話が出して古典の収集をはかっていた事などに触れています。

そして演じる新納さんの役にはまった素晴らしさ!
もうすぐお別れなんて今から悲しすぎます。
又、これまで登場しないし、これからも登場しないかも知れませんが、秀吉の姉、出家して日秀尼となった人を思わない訳にはいきませんでした。
3人の男の子に恵まれながら弟が異常な出世をしたためにすべて失ってしまう・・・
どんな気持ちだったのか、と。

« 悪役をやりたい? 復讐するは我にあり | トップページ | フリージアとコラテラル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪役をやりたい? 復讐するは我にあり | トップページ | フリージアとコラテラル »