« そして誰もいなくなった 第1回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第2回 »

真田丸 第29回

第29回 異変

秀吉に起こった異変を中心に豊臣政権が崩壊して行く前兆が語られた回でしょうか。
秀次の死後、秀吉は伏見で政治をとります。
真田家では信繁が吉継の娘春と祝言を上げます。
その前に馨の出自が昌幸から息子達に明かされます。
菊亭家の姫ではなく侍女であったと。
でもあくまで菊亭家出身である事を押し通すようです。
三成は信繁に春には苦労する事になると気になる事を言いますがなんでしょうねえ。

そして異変の中心、秀吉に生じた変化。
秀吉の老いは、寐ているうちの失禁からはじまりました。
夜中にその後始末をする三成と信繁ですが宿直の且元に何故隠して始末したのか一寸不自然ですよね。
この後、弱気になった秀吉は関白は置かず奉行衆の合議で政治を行うように、と三成に言います。いわゆる五奉行でしょうけれど他のメンバーはこのドラマではまだ発表がないですね。
数日後秀吉は家康を呼んで拾が元服するまで関白は置かず、徳川殿を中心に大名たちの合議で政治を進めて欲しいと言うのでした。
驚く三成です。
しかも秀吉は再び家康を呼び出し同じ事を繰り返し言うので、驚く家康に三成は念を押された迄と取り繕います。

しかし、又も徳川殿を呼べと言う秀吉に三成はもう何度も仰ってますと言い、これにショックを受けた秀吉は信繁相手に拾が成人するまで生きていたい、立派な父としての姿を見せていたいと弱気な発言をします。
しかし茶々はなるべく多く秀吉と過ごさせて差し上げたいと言う信繁に老いた姿は見せたくないと拒絶。茶々は息子の事しか考えていないのですね。


対照的に秀吉が昔好きだった生せんべいをきりを相手に作る寧。
秀吉の異変を察し、何とか慰めようとする寧、しかし秀吉はこんなもの、と投げ捨てます。
この時きりは寧の侍女わくさから細川ガラシャへの使いを頼まれます。
小西行長の母ですね。
きりは秀次に貰った絵が聖母マリアの肖像である事をガラシャから聞いて知ります。

秀吉の老い、壊れて行くさまが今回の中心なんでしょうね。
小日向さんの秀吉はとても良いです。
今までの秀吉役の中で、緒形秀吉は別格としてとてもはまっていると思います。
秀次事件のあたり壊れかけてからの怖さ・・・藤吉郎時代から見たかったと思いました。

一方信幸は仕事の疲れなどを冷たい稲でなくおこうに癒して貰っている様子。
ある夜稲は信幸に知らぬとお思いですか、としがみつくのでした。
今まで信幸の事を少しでも気にかけていた様子の描写がなく一寸唐突でしたが、まあその結果、二人とも懐妊、まずは良かったという事でした。

昌幸は伏見城普請を信幸に押し付け遊里の吉野太夫の許に入り浸っていましたが伏見城周辺の絵図を見て城の弱点を一目で発見、俄然やる気を出します。
将来の真田丸への布石?
信幸は秀吉に異変が起きているのではないかと信繁に問いただしますが信繁は否定。
信繁に豊臣家に深入りしすぎている、何かあったら自分は徳川につく、とはっきり言う信幸でした。先を暗示しはじめましたね。
そして突然襲った慶長伏見大地震でこの「異変」の回は終わっています。

今回は何か見ていても気が乗らなくて・・・思ったように感想が書けませんでした。
余り面白いと思えなくて。
秀吉の死、そして関ケ原、滅びに向かう豊臣家を思うと辛いのもありますが何より私にとって鮮烈な印象を残して退場した「新納秀次」の穴は大きすぎました。
玉山さんのように大好きな俳優さんが出ていれば別なんですが。

その玉山さんのドラマ「そして誰もいなくなった」が真田丸と同じ日曜に重なってしまいました。
大河ドラマは家族で見る事が多いのですけれど、10時半からの民放のドラマは見る習慣がなく録画して見るのでどうしても感想が後回しになってしまいます。
頑張って早く書かねば(-_-;)

« そして誰もいなくなった 第1回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第2回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そして誰もいなくなった 第1回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第2回 »