« フリージアとコラテラル | トップページ | そして誰もいなくなった 第1回 »

真田丸 第28回

第28回 受難

前回に引き続き秀次事件の顛末でした。
聚楽第を抜け出した秀次は大坂城にいました。
きりはj関白の自覚がない、しっかりして下さいと励ますのですが。
信繁はこの事態の収拾を吉継に頼みます。
吉継は具合が悪い様子、例の病気は無かった事にはしなかったのですね。

そして秀次を真田の屋敷に匿います。
真田の屋敷には馨と稲、おこうも上京して来ています。
秀次の前でj馨が菊亭大納言の娘で無い事がばれてしまいます。
秀次の正室は菊亭晴季の姫なのですからね。
その事を徳川家に報告しようとする稲をおこうがたしなめる件も。
本筋ではありませんがこのドラマの稲はかなり違和感がありますね。覚悟を持って嫁いで来た筈なのに、単なる我儘娘にしか見えない。

秀吉に呼ばれた信繁ですが、秀次の事ではなく大谷吉継の娘との縁談話でした。
しかし三成には知られていて報告せざるを得なくなります。
一度は激怒する秀吉ですが、寧のとりなしなどで、説教してやる、と軟化。
しかし思い詰めた秀次は高野山に入ってしまいます。
秀次は供をして来た信幸に秀吉に振り回されて来たと嘆きますが、信幸は自分も周りに振り回されて来たと告白。偉大すぎる父、恐ろしい舅、心開かない妻など・・・
秀次は信幸が叙任に素直に喜べない思いを持っている事を知り、あれは関白としてした数少ない仕事の一つ返上しないようにと言います。
切ない言葉ですね。

秀次が高野山に入った事は噂になり、放っておけなくなりました。
秀吉は謀反の疑いがあったので高野山に蟄居させた事にする、ひと月ほど謹慎させてから疑いが晴れた事にして呼び戻す、と寛大です。
福島正則が使者として派遣されますが、思い詰めた秀次は信幸を遠ざけて自刃してしまいます。
温情を無視された秀吉は激怒、謀反人の家族として妻子三十数人を処刑してしまします。
秀次の切腹、妻子の処刑は史実なのですが、意思の行き違いから、と言う設定にしたのですね。
何か少々無理やりのような気もします。

聚楽第も破壊される事になりますが、信繁は隠し部屋のキリスト教の祭壇の前に潜んでいたたかを発見します。
前から秀次が宗教画をきりに届ける様子などが出てきていましたがたかは切支丹と言う設定なのでしょうか。
秀次は自殺したので違うのでしょうけれど。

信繁は秀吉に吉継の娘を娶る代わりにたかを側室として迎えたいと助命を嘆願します。
秀吉は許しますが気の変わる事を懸念した信繁は呂宋助左衛門に頼んでたかを呂宋に逃がすのでした。
このたかは秀次の娘で信繁の側室となり三人の子を設けた隆性院だと思われますが、この時ずっと幼かったはず、岸井ゆきのさんが演じていると言う事は再登場があるのかしら。
初めてお目にかかりましたが個性的で清潔感があって気になる女優さんでした。

黄金の日々で助左衛門を演じた幸四郎さんが同じ役で38年ぶりに登場!一瞬黄金の日々のタイトルバックの太陽が映りました。
今でもはっきり覚えている初めての大河です。本当に面白かった大河でした。
もう一度全部見たいものです。

そして秀次さんを演じきった新納慎也さん。素敵でした!
ずっと舞台で活躍なさっていて今まで映像のお仕事には余り出ていらっしゃらなかった方です。
秀次にキャスティングして下さった三谷さんや関係者の方にお礼を言いたい!
これを機にまたTVや映画でお目にかかれますように。
実は以前帝劇で見たエリザベートに新納さんが出ていらしたのですが、記憶に無い・・・
山口祐一郎さんばかり見ていました。ごめんなさい(-_-;)

新納慎也さんのblogです。真田丸関係の素敵な写真や記事もたくさん載っています。
ご興味のあるかたは是非!
http://ameblo.jp/shinya-niiro/


連休中出かけたりして日曜の番組は全部録画したものを昨日からせっせと見ています。
「そして誰もいなくなった」ドラマもですが番宣が多くて見るのに嬉しい悲鳴です。

ドラマの感想なるべく早くUPしたいす。

« フリージアとコラテラル | トップページ | そして誰もいなくなった 第1回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フリージアとコラテラル | トップページ | そして誰もいなくなった 第1回 »