« そして誰もいなくなった 第3回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第4回 »

真田丸 第31回

第31回 終焉

秀吉の死まで、秀吉一代で築いた政権の終焉でした。
秀吉は床に就いたまま、三成達は死後の政権維持を図りますが奉行の中に名のあった吉継は病気を理由に就任を断り奉行は5人に。
五大老、五奉行制度が決定です。
三成は遺言状に家康にも花押を書かせます。

ここまで事態が動いても家康のはっきりしない態度に阿茶局は天下をとる時が来た、と口にします。
三成は家康に朝鮮撤兵の為自分が不在の間動かないようにと告げ、そして吉継と信繁に力を貸してくれるように頭を下げるのでした。

五奉行に行動を制限されている事に不満な家康と本多正信は信長の甲冑を持って秀吉の寝所に押しかけ、無理やり新しい遺言書を書かせます。
されるがままになりながら、それでも秀頼を頼むと書き加える秀吉が切ない。
その遺言書に怒った三成は寝ている秀吉を起こして無理やりに加筆させるのでした。

家康が又見舞いに訪れますが、信繁は寝所の蝋燭を取り換えながら火が消えるのは自分の命が絶える時だから火を絶やさぬように、と秀吉の言葉を告げます。
信繁相手に、戦場で逃げ惑うのはいやだ、伊賀越えなどは二度としたく無いと言いますが、これは大坂の陣で信繁に追い詰められる時の伏線?
そして秀秋が見舞いに、蝋燭の火を吹き消してしまいます。
これも豊臣政権にとどめを刺す秀秋の将来の伏線ですか。


秀吉の見舞いを拒んでいた茶々がやっと秀頼を連れて現れます。
この時のしっかりした秀頼の態度、そして寧に縋る茶々、このドラマは二人の仲を悪く書いてないのですね。最後この二人の間がどうなるのかとても興味があります。

一人になった秀吉は信長の甲冑の中に血だらけの少年の幻を見ます。
この少年は信長の命とはいえ秀吉が殺した浅井長政の嫡男万福丸と言う事らしいです。
今迄出て来ませんでしたが茶々の兄です。
秀吉は三成に家康を殺せと命じ、三成は昌幸に相談。
聞かなかった事にすると答える昌幸ですが、明日家康の死を聞いたとしても真田家は一切知らぬ事と言うのでした。

昌幸は出浦昌相に家康暗殺を命じます。
昌相は忍びこんだ徳川屋敷には信幸が来ていました。
信幸は家康におこうの子の事で忠勝への口添えを頼んでいたのでした。
その信幸が昌相の気配を察知、忠勝と昌相の死闘になり、信幸の姿に茫然とした昌相は重傷を負い真田屋敷に帰り着くのですが、このまま死んでしまうのかしら・・・

そして秀吉は誰も傍にいない中息絶えるのでした。
誰にも看取られず寂しい最期でした。

このあたりの秀吉の寝所の様子、いつも宿直の者が一人もいないのは不自然に思えます。
ドラマの効果の上の事かも知れませんが気になって。
そして昌相の徳川屋敷での活躍は忍者そのもの。
真田と言えば佐助や霧隠才蔵などで有名ですからサービスだったのでしょうか・・・
それと豊臣政権崩壊の要因の一つだった前田利家の死ですが、彼の登場もないままですね。
毛利などと一緒にこれから登場するのかな。


« そして誰もいなくなった 第3回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第4回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第31回:

« そして誰もいなくなった 第3回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第4回 »