« そして誰もいなくなった 第4回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第5回 »

真田丸 第32回

第32回 応酬

前回、家康暗殺に失敗した出浦昌相は辛くも脱出しますが大火傷を負い生死ははっきりしません。
何故家康暗殺を、と問う信幸、信繁兄弟に旧武田領を回復したかったと答える昌幸です。
まだあきらめていなかったのですね。

秀吉が亡くなりました。
亡くなった事は朝鮮撤兵が終わるまで伏せておく事に決定します。
秀吉のを悲しむ寧と、もう秀頼にしか関心のない茶々との様子が対照的に書かれていました。

三成は信繁に今後どうしたいかと問い、信繁は三成の傍で支えたいと言います。
死の床の秀吉から三成を支えてやって欲しい、と言われた事への答えですね。
秀吉の馬周りとして仕えて豊臣家に恩義を感じていたのが彼の今後を決定したのでしょうか。

その後の政権は五大老、五奉行の合議制と決まったものの早くも家康が主導権を取るよう乗り出します。
諸大名を招いて盛大に宴会を催します。
対抗する三成には家康ほどの人望がありません。

頼みにする前田利家は病床にあり、上杉景勝は対抗できる器では無い事が書かれました。
利家はやっと登場したものの最初から病人としてで子の利長は頼りない。
朝鮮から帰った加藤清正をねぎらう三成ですが、三成の対応のまずさは何でしょうねえ。

早くも家康は伊達正宗や福島正則と縁組を取り結ぶなど勝手な動きを始めます。
秀吉の遺言に背くとの詰問に喪を伏せている事を逆手にとって遺言はまだ無効だとうそぶきます。
三成はもう家康を討つしかないないと決心します。

家康は秀忠を江戸に帰しますが、本能寺の変の時に信長と共に嫡子の信忠も死んだ事を例に安全を図ったと、昌幸が解説するシーンもあり、天下への野望を隠さなくなった家康の変貌の回でした。

夏休み、そしてオリンピック開催中で中々感想も書く暇もなく「そして誰もいなくなった」も見なくてはいけないし、それに今後悲劇へと向かって行く豊臣家に感情移入して余り考えたくないと言う思いもあり、超簡単になってしまいました。

« そして誰もいなくなった 第4回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第5回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そして誰もいなくなった 第4回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第5回 »