« そして誰もいなくなった第6回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第7回 »

真田丸 第33回

第33回 動乱

休み明けで忙しかった事もあって中々感想を書く気になりませんでしたが、折角2/3まで書いて来たものを、と簡単ですが思った事を書いてみました。

今回は秀吉死後の豊臣政権は、一応五大老五奉行の合議制と決定しましたが、徳川家康が天下取りへの野望を隠さなくなった事と、それに焦る石田三成の対立を描いた回かと。
焦った三成は徳川屋敷に襲撃をかける事を決心しますが、三成に人望がなかった事もあって形勢は一気に家康に傾きます。

信繁は三成を諦めさせるため父昌幸に徳川方につくように頼み、又盟友の大谷吉継までが事を収める為家康に付くことにします。
家康の前で、家康の為に味方するのでは無い、秀吉の築いた太平の世を守る為で自分はああくまで秀頼の家臣、と言う吉継、恰好良かったですね。

それでもなお合戦に及ぼうとする三成ですが、上杉景勝が登場。
義を守る為に家康は自分が倒すと言います。
やっと景勝が本気になったのですね。
只御館の乱のいきさつなどからこの人が義を口にするのは私には納得出来無いんですけれどね。
景勝の言葉に三成も今回は襲撃を思いとどまります。

三成には豊臣家を守ると言う純粋な忠誠心があったのでしょうね。
形勢がどうあろうと何とか秀頼を守りたいと奔走する姿は良く描けていて痛々しいです。
後世の私などから見ると、秀吉自身、信長の死後天下を乗っ取ったのですから、家康がそう思ったのは当然で、幼い秀頼がこのまま政権の中央に居られると考える方が可笑しい、と思うのですけれどね。

三成は優秀な官僚ではあったけれど、主の秀吉と同じく一代で大名になった人です。
天下を取る為には一寸器量不足だったのか。
それと戦闘の司令官には島左近と言う当時屈指の名将を得たけれど、外交や事務処理に長けた家臣がいなかったんでしょうね。
家康の本多正信のように。

« そして誰もいなくなった第6回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第7回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そして誰もいなくなった第6回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第7回 »