« そして誰もいなくなった 第8回 | トップページ | そして誰もいなくなった 最終回 »

真田丸 第35回

第35回 犬伏

家康は上杉討伐へ兵をすすめ、三成がその隙をついて兵を挙げます。

真田家は上杉につく、家族は上田へ脱出とと決定。そして稲は父忠勝からの文を昌幸に差出し自分は真田の女だと言います。ここはまだ真田家は一つですね。

江戸城では出陣を命じられた秀忠が本多正信をつけると言われ自信を無くしています。
それを励ます江が登場しました。
大谷吉継は上杉攻めに加わる為出兵し美濃迄来ますが、そこへ三成が訪ねて来て挙兵した事を告げ、今家康を倒さなければ豊臣の世は終わる、勝てるかどうかわからないが、と協力を頼みます。
吉継は必ず勝つ、その気概がなくてどうする、自分が勝たせて見せる、と三成を叱咤します。
三成と吉継は大坂城に入り、大名達に家康の弾劾状を発送、かつ妻子を人質に取る事を決定。

ここで細川ガラシャ・・・たまの最期が救出に来たきりを絡めて書かれます。
きりはかなり飛んでるcharacterになっていますが、登場人物の死にかかわる事が多いですね。どういう意味を持たせているのでしょうか。
細川家の異変を知った稲は子供たちとこうを連れ沼田へ脱出する決心をします。
又たまの死で作戦の失敗を覚った三成達ですが、吉継は病気が進み、戦場で戦えるかどうか危うくなっていました。
彼は筆で三成を支えるとしてまだ去就を決めていない大名達への書状を書きます。
筆を持つ力も無くなった吉継を支える三成。ここはお二人の見せ場でした。

真田軍は犬伏に到着、ここで佐助の使いで大坂方の密書を受け取り三成の挙兵を知ります。
上杉との合戦で家康に勝った後三成が挙兵すべきだった、早すぎたと怒る昌幸です。
真田家の去就を決める父子3人は話し合います。
昌幸は、再び戦乱の世に戻る、と読み上田に立て籠って武田の旧領を回復すると言います。
が信繁はその見通しの甘さを説きます。
いずれか勝ち残った方が強大になり戦乱の世に戻る事は無いと。
豊臣を優勢とみる信繁、信幸は徳川と見ます。
昌幸はくじで決めようと言い出しますが信幸が決めた!と叫びます。
昌幸と信繁は大坂方に、自分は徳川に付く、いずれが勝っても真田の家は残る、と。
そして大坂方が勝ったら全力で自分を助けるように、徳川が勝ったらどんな事をしても父上たちを助けて見せると言います。

有名なシーンで見ないうちからわかっていても少々感動させられましたね。
主役の信繁が言ったのでなく長男の信幸の案とした事も良かったかな。
そのあと親子3人は酒を酌み交わすのですが、3人の語らいはこれが最後なんですね。そう思うと少しジーンとしました。

でも私にはみんな「少し」なんですね。何故なんだろう、と自分でも思うのですが。
多分主役兄弟が私のイメージと合わないないせいかもしれません。
武将らしくない。むしろ助左衛門のような商人の方が似合いそう。
大泉さんもやっとまれの印象から抜けて来たし、堺さんも上手なんだけれど。
まあこればかりは個人の好みで、ご勘弁頂くしかないですね。

再来年の大河
NHK会長の会見で西郷隆盛が主人公であることが正式に発表されましたね。
ただし主役はまだ決まっていないとの事。
原作林真理子。脚本中園ミホ。女性の視点からから書くそうです。
何だか篤姫との淡い恋・・・まであるそうです。
これだけでもう期待できませんね。
朝ドラでやった方が良いんじゃない。
それならマッサンを大河でやった方が良かったわ。
大河に視聴者が何を求めているのかわかっているのかしら。
それに戦国、幕末ばかりでこれももう飽きて来ています。

« そして誰もいなくなった 第8回 | トップページ | そして誰もいなくなった 最終回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そして誰もいなくなった 第8回 | トップページ | そして誰もいなくなった 最終回 »