« 真田丸 第34回 | トップページ | 真田丸 第35回 »

そして誰もいなくなった 第8回

送電設備爆破で国の個人管理システムをすべて破壊する目的の停電爆弾を乗せたドローンは計画通り出発します。

警視庁には襲撃の予告が入り、公安はと同行した小山内はドローンの後を追います。
しかし目的地に接近したドローンは何故か引き返します。
それは日下の仕業、新一の使用したグラスから採った指紋認証で行く先を変更したのでした。「新一君に世界を孤独にさせる訳には行かない」と言う日下の目的は何?
それにグラスの指紋は小山内の依頼で採取して斉藤に送ったものではなかったでしょうか。

ドローンは新一のいるビルの上で旋回、後を追って来た警察に新一は追い詰められますが電源を落として暗闇にした小山内に救われます。
お前は自分の敵なのか味方なのかと聞く新一に小山内は何故自分を殺させようとしたかを尋ねます。ここで小山内が留置場に入った喧嘩?の相手が馬場であった事がわかります。
否定する新一に小山内は万紀子の過去を調べていて襲われた事。
万紀子は以前シングルマザーで子供を養子に出して藤堂と結婚しその男の子は中学時代に行方不明となっている事を話します。
そして自分が備忘録代わりに録音していたレコーダーを渡し真相を解明するように言います。

エリート官僚である小山内が何故自分にと言う新一に小山内は新一がこうなったのは自分のせいでもあると言うのです。
すまない、自分に出来るのはここまで、後は自分の力で解明するように、と。
陽の当たる場所に出て来い。
自分も学んだ事だが悪に染まるのは簡単で正しく生き続けるのは難しい。とも。

早苗はニュースでREDが倒産の恐れがある事を知り新一の無実を改めて調べてくれるように田嶋を訪ねます。
しかしそこでフィリピン行の航空券と札束を見てしまい、田嶋は彼女の首を絞めてしまいます。

新一がアパートに帰るとそこには万紀子の姿が。
何故と聞く新一にここは藤堂の遺産で買った自分の所有であり、日下とは深い関係があると言う。
バッグの中の幼い男の子の写真を見せられた新一に万紀子はナイフで切り付けるのでした。
重い電動車椅子をアパートの2階までどうやって引き上げたのか、共犯者がいるのでしょうか?

8回まで来て幾つかの事実が明らかになりましたが、あと1話で全部が解明出来るのかしら
かなり不安な展開に思えます。

新一一人を抹殺するのにこんな大掛かりな仕掛けをするかな・・・
小山内の立場はなんなのでしょうね。

小山内のレコーダーは誰かとの連絡ではなく彼のメモだったのですけれど、上司と何か画策していた事は間違いないでしょうし。

日下の動機は?彼がすべてを企んだとは思えないので黒幕は誰で目的は何なのか。
万紀子が再婚する時に置いて来た子が日下だとすると新一との年齢差が可笑しいですよね。
写真の子供とクリスマスの思い出の時の新一と6才も離れているとは思えませんが。
又斉藤の死体の移動はなんのために?
何故万紀子が移動先を知っていてそこを教えたのか。

万紀子が新一の命を狙うのは何故なのか。
エンドロールの画像にかぶって馬場は溺死、早苗は絞殺?になってましたね。

とにかく納得いく結末にして頂きたいですね。
期待して見ていましたが出来は決して良くないですね。
キャストのバランスが悪い・・・日下にはもう少しオトナの俳優にして貰いたかった。

折角玉山さんの出演作ですけれど、民放の連ドラはもう沢山!と言いたいです。
映画出演を切望しますが、ドラマならNHKか、地味でも実力のあるキャストを揃えたWOWOWにして頂きたいものです。
勝手な事を言ってごめんなさい('ω')

   2a   1a 

« 真田丸 第34回 | トップページ | 真田丸 第35回 »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真田丸 第34回 | トップページ | 真田丸 第35回 »