« そして誰もいなくなった 最終回 | トップページ | そして誰もいなくなったを見て »

真田丸 第36回

第36回 勝負

三成の挙兵に応じて徳川から離脱した昌幸、信繁親子は上田に向かいます。
一方稲とおこうは伏見を脱出、沼田へ引き上げる途中昌幸達に会います。
信幸が徳川方に残った事を知った稲は昌幸達を迎える為と言って一足先に沼田へ向かいます。
沼田で昌幸達を出迎えたのは武装し戦闘態勢に入った稲とおこうでした。
徳川に歯向かう者は皆敵、一歩も城へは入れられないと言う稲に良い嫁じゃと言う昌幸。
この時稲がどこにいたかはっきりとわかっていないようですが有名な話だけにここはちゃんと取り上げたのですね。
昌幸と信繁は上田城に入り秀忠の軍勢を迎え討ちます。
第2次上田合戦の幕開けです。
しかし信幸を信じきれない徳川方は上田攻めの先鋒役を命じます。

秀忠軍が小諸に入った段階で昌幸は降伏を申し入れます。
しかし余りに高飛車な条件に交渉は決裂、昌幸の時間稼ぎでした。
砥石城を攻める徳川軍に対して信繁は信幸と図って戦うと見せて城を明け渡します。
この時信繁の意を受けて働いたのが三十郎です。
彼を信幸の許にやる為に信繁が図らったのですね。
信幸は以後砥石城から出る事なく真田同士戦う事は無かったのです。

そしていよいよ上田合戦。
期待したのですが戦闘らしいシーンも余りなく何だか消化不良気味でした('ω')
秀忠の下へ家康から美濃赤坂へ行くようにとの命令が届き、秀忠は上田城攻めを中止して美濃に向かいます。
撤退した徳川軍を見て戦勝祝いの最中に関ケ原で西軍が大敗したとの知らせが入るのでした。
関ケ原の合戦の描写はありませんでした。
すべて真田目線で、真田が居合わせない事件は書かないとの事なので仕方がないのでしょうが・・・
戦況を見ていた佐助か又はいずれ会う誰かの口から仔細を聞く形にするのだろうと思いますが、どうなんでしょう。

後半に向けて盛り上がる所かとかなり期待したのですが、何だか淡々とした印象しか残らず一寸残念でした。
真田の見たものしか書かないと言うのは、わかっていても物足りないですね。
家族と一に緒(誰も居ない時もあり)毎週見ていますが、最近は長年の習慣で見ている状態になって来て感想も遅れがちで簡単になってしまって・・・
でも毎週今日は面白いかも、と思いつつ欠かさず見てしまうのです(-_-;)

« そして誰もいなくなった 最終回 | トップページ | そして誰もいなくなったを見て »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そして誰もいなくなった 最終回 | トップページ | そして誰もいなくなったを見て »