« そして誰もいなくなったを見て | トップページ | BARFOUT »

真田丸 第37回

第37回 信之

関ケ原の合戦終了後の真田一族の去就を書いた回でした。
家康は大坂に入城、三成は捕らえられ、天下の実権は徳川の手に。
戦いに勝っていた昌幸は敗戦を認められません。
信繁は昌幸にこれ以上の戦いは無駄と説きます。拳を床に打ち付ける昌幸の無念、草刈さんの迫真の演技は流石でした。

昌幸父子の降伏の申し入れに家康は秀忠の戦いぶりに不満を洩らします。
秀忠は合戦を止めて西に向かう命令が無ければ城は落としていた、と返答。
こういう秀忠は初めてですね、何か新鮮。

上田城は武具など一切を明け渡し、昌幸と信繁は暫く城に蟄居と決まります。
信幸は父と弟の命乞いの為大坂へ、訪ねて来た忠勝も信幸の父を思う心に打たれ命乞いの為同行します。
家康は信幸の言葉は聞き入れませんが忠勝の聞き入れられなければ婿殿と一緒に上田に立て籠って戦うと言う命をかけた願いにとうとう許すと言うのでした。
家康は助命の代わりに信幸に昌幸とは親子の縁を切り、諱の信幸も改名するように命令します。
藤岡弘 、さんの熱演、そして大泉洋さん切なさが良く出ていました。今更ですがまれを見なければ良かったわ。

信幸は大坂城内に連れて来られた馨と春に再会。付き添っていたのはきりでした。
上田に戻った信幸に高野山に流罪と聞かされた昌幸は信幸に当たり散らします。
信繁に窘められ言い過ぎた、と謝るのですが、駄々っ子のような昌幸さんは首尾一貫してますね、何があっても変わらない(笑)
信幸は更に力を尽くす、と約束します。
そして家臣達の今後も。松と夫の小山田茂誠は信幸の家臣に、堀田作兵衛もすえと共に上田に残り、今も床についたままの出浦昌相も沼田で療養する事に。
高梨内記は昌幸について行きます。

昌幸と信繁は高野山へ、女人禁制の為麓の九度山で暮らす事になります。
その跡の上田城には信幸が入り沼田と合わせて九万五千石の領主になります。
家康に命じられたように信幸は諱を改名。
しかし信之として読みは変えないのは彼の意地でした。

昌幸父子は家康の命で大坂城へ立ち寄ります。
そこで家康は昌幸に「死ぬより辛い思いをさせてやる。兵も武器も馬も金も一切を取り上げる、戦をする機会を一切取り上げる、小さな村で一生暮らすのだ」と言います。
秀吉のように殺してしまうのとどっちが悪いかしらね。家康の方が邪悪で陰険、いやな奴に思えますね。

信繁は挨拶に寄った寧の所で秀秋に会います。
関ケ原合戦で彼の裏切りで敗戦に追い込まれた西軍の諸将の幻が彼を苦しめます。
神経を病んだ?秀秋は2年後不可解な死をとげるのです。

信繁は再会した妻の春から刑部の死の様子を聞きます。
敗戦が決まって刑部は首を敵に渡すなと言って自害、ここは言われている通りですが、ドラマでは「治部、楽しかったぞ」が彼の最後の言葉でした。

信繁の許に加藤清正が訪ねて来ます。
彼は三成の妻うたを連れていました。
うたは三成の最期を語り「あのお方は豊臣の事しか考えていませんでした」と叫び続けます。信繁より清正の方が辛く聞いたのではないかしら。

昌幸は馨と再会、子供のように喜び夫に甘える馨。
しかし昌幸は馨には九度山での暮らしは無理と判断、上田に帰す事にします。
眠っていた馨が目覚めた時、夫の姿はありませんでした。
このドラマの馨さんは好きではないけれどここは不覚にも涙してしまいました。

馨の世話の為きりに同行を、と言った信繁は馨が上田に帰らるのならお前も上田に帰れと言うのでした。
きりさんはこれからどうなるのかしら、最初の紹介では、信繁の側室で子供もいる筈ですが。
もう何才になるのでしょうか、気になります。

昌幸一行は九度山に到着。
一行の中にきりがいたかどうかわかりませんでした。
次週は何ですか十年一寸飛んじゃうみたいですね。
昌幸の死が書かれるようですね。

« そして誰もいなくなったを見て | トップページ | BARFOUT »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そして誰もいなくなったを見て | トップページ | BARFOUT »