« そして誰もいなくなった 第7回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第8回 »

真田丸 第34回

第34回 挙兵

相変わらず感想を書く気に中々ならなくて・・・
なんでしょうね、ドラマはかなり評判が良いようですが、私には余り面白く思えなくて。
信繁が余り魅力的に思えないのと、何故そこまで豊臣家に恩義を感じているのか、も良くわからない・・・
関ケ原へ向けて大事な回と思えるので周回遅れにならないようにとりあえず。

家康襲撃の責任を取らされ三成は謹慎と言う事になっています。
しかしいわゆる七将達の三成に対する反感は収まりませんが大老の前田利家の存在がその抑えになっています。
しかしその利家が亡くなり抑えが利かなくなった七将達は三成襲撃に踏み切るのでした。
一方寧は公の立場から退きいずれ出家すると決心、きりも暇を出されます。
きりは細川家はにでガラシャに仕える事になり、そのきりからの通報で信繁は三成襲撃を知り三成を逃がし、三成は伏見城治部少輔丸に移ります。

異論のある家康に保護を求めた話は流石に採用しませんでしたね。
信繁は三成の為、寧や茶々にとりなしを頼みますがいずれも拒否されます。
そして吉継に相談、結局家康に頼り七将達が引く代わりに三成は佐和山に蟄居となりました。
何故自分がこの処分になるのか理解出来ない三成の見せた涙は切ないですね。
寧や茶々達には豊臣家を大切に思う三成の心は伝わりません。
彼女達が後悔する事はないのかしら・・・

蟄居申し渡しの時三成は清正に何か囁きます。何を言ったのか・・・
このドラマでの三成排斥の急先鋒は福島正則で清正ではないのですね。
関ケ原の合戦に清正は参加していないので色々脚色が出来るのでしょうか。

大坂に入った家康は天下の実権を握りますが上杉景勝謀反の噂が入ります。
上洛に応じない景勝からは文書が届きます。
有名な直江状ですね。これも後世の偽書との噂もありますが、村上さんの美声で読み上げる直江状、恰好良かったです。

真田家に上杉から味方にとの誘いがあり、上杉に加担すると言う昌幸の二人の兄弟は父と行動を共にすると言うのですが。
昌幸は豊臣、徳川と天下の情勢が変わってもまだ武田の旧領復活を諦めていないのですね。
次回、犬伏で信幸がどう出るのかな。

上杉討伐に向かう家康は秀頼の命令と言う名分を要求しますが片桐且元がこれは両家の私的争いだと断固拒否。且元さんの恰好良い所はじめて見ました。
しかし茶々はあっさり旗印の使用を許可してしまいます。

そうそう、ドラマ冒頭で信繁の正室春に対して三成が苦労するぞと言った言葉の意味の説明がありました。
以前三成が春に何気なく筆を贈った所好かれていると思い込み三成の正室の離縁を迫ったと言う事でした。
思い込みが激しく嫉妬深い?そういえばきりや茶々など・・・梅もでした・・・このドラマでの女性の書き方が私には好きになれなくてそれも余り面白く思えない一因かも知れません。

« そして誰もいなくなった 第7回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第8回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そして誰もいなくなった 第7回 | トップページ | そして誰もいなくなった 第8回 »