« 真田丸 第38回 | トップページ | 久しぶりの景虎さま »

真田丸 第39回

第39回 歳月

大坂の陣を前に九度山で送る信繁たちの貧しく穏やかな日々。
信之が訪れ語り合う兄弟、昌幸の残した兵法の奥義書は記号だらけで読み取れません。
赦免運動を続けると言う信幸にこの平穏な暮らしに慣れたと言う一家ですが信繁は実は生活が苦しいと援助を頼みます。
信之は帰国途中小野のお通を訪問、側室話までいくのかしら。どうでも良いけれど。

昌幸の死後生きる望みを失ったかに見える内記に信繁は成長した大助の傅役を命じます。
内記は大助に囲碁を教えるのでした。
きりは裁縫や刺しゅうを村人に教え生活を助けます。
信之は約束通り援助していますが何故か届くのは蕎麦ばかり。
春の作ったそばがきを村に売りに行きますが全然売れず。
いらいらする春にきりを帰そうと又言う信繁ですが面倒になったか二人で話せと逃げてしまう。

そんな時秀次の娘たかが訪ねて来ます。
側室ですと言い放つたかにかっとする春。
とにかくこの春さんは面倒くさい、見ていて毎回不愉快なくらい。
たかはルソンに渡り、助左衛門の助けで商売をしていると話します。
たかの土産の中にあった「サナール」。チベット語の紐と言う意味ですが織られたその紐の丈夫さに目を付けた信繁は売り出す事を考えつきます。

紐を織りながら語り合うきりと春。
きりはかって信繁の子を欲しいと思った事もあったけれど今は諦めたと言う。
ここを去るつもりだと言うきりを私の為にここに居てと引き留める春。
以前信繁にもう菩薩の心境だと言ったきり、春はいつしかきりを姉のように頼りにするようになっていたのでしょうか。

たかは京の祖母を訪ねた後又ルソンに戻ると言い去っていきます。
助けられた命大切に生きて行きます、サラマッポ(有難う)と言い残して。
信繁は紐を真田紐と名付け売り出しに成功します。
穏やかな日が戻って来たかと思われたある日、宇喜多家の家臣だった明石全登が現れます。

昌幸の死後の生活は一話だけ、次はもう大坂冬の陣ですか・・・進行早い。
次回から話は大坂に移るのかしら。
超高速関ケ原で節約した予算をすべてつぎ込んだ合戦シーン期待しています。

今回きりの立場が鮮明になりました。
結局側室にはならないのね。
どうしてこういう書き方をしたのか。
信繁はきりの思いを知っていて、傍にいるとほっとしていたのでしょうね。
男の狡さが見えてすごくいやでした。
きりだけではなくたかの扱いも。
二人の話を綺麗に書いたのかも知れませんが凡人の私は不満ですね。
やはり信繁の側室腹の子供たちの話も少しは見たかったです。

« 真田丸 第38回 | トップページ | 久しぶりの景虎さま »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第39回:

« 真田丸 第38回 | トップページ | 久しぶりの景虎さま »